体重が増えた時、体はどうなる?

余分な体重は、体が重くなる以上に大きな影響があります。一年の間で数キロ増えてもそこまで気にならないかもしれませんが、徐々に増えてしまうと間違いなく痛い目に合うでしょう。そう、余分な体重というのはデニムパンツのサイズに影響を与えるだけではありません。想像以上に体の多くの部分にダメージを与えてしまい、それも90日間で現れる事があります!

関連ビデオ:

2週間で減量が期待できる15の簡単な方法 https://youtu.be/0DoASuAz6zk

毎朝1ヶ月レモン水を飲み続けた私に起こったこと https://youtu.be/zA11n5BHw1w

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/  

タイムスタンプ:

味覚が鈍くなる 0:25

頻繁に起こる偏頭痛 1:06
悪玉コレステロールが増える 1:47
うつ病と不安 2:37
妊娠するのが難しくなる 3:27
筋肉痛 4:03
睡眠の質が落ちる 4:59
頻繁にトイレに行きたくなる 6:02
DNAに変化が現れる  6:40
癌のリスクが高くなる 7:20
肥満を解決する方法 7:59

#肥満 #体重減少 #余分な体重

概要: 

―何も気にせず暴食を続けると、まず味覚が鈍くなります。研究によると、肥満は味覚受容体を25%減少させてしまうそうです。

―体重が増えすぎた人は慢性的な痛みに苦しむ可能性が高くなるという事。頭痛になりがちな人は、昼食後に飲むソーダを水に変えて様子を見てみましょう。

―脂っこくて美味しい食事を定期的に食べると、血管に脂肪沈着物が蓄積されます。動脈は閉塞してしまい、心臓が十分な酸素を受ける事が難しくなるでしょう。

―とある研究は、体重増加と精神的な健康には強い関連性があると示しました。太りすぎた人は、健康的なBMI値を維持している人よりもうつ病や不安の発症リスクが55%も高くなるんです。

―体重が増えるとキュッと引き締まったウエストがなくなるだけではなく、余分なお肉によってどんなに頑張っても妊娠ができなくなってしまう事があります。

―体重増加というのは、ビタミンDの欠陥に繋がる可能性があります。「太陽のビタミン」とも言われているビタミンDによって骨がカルシウムを吸収し、強く成長するんです。また、自己免疫疾患や慢性的な痛みを防ぐのにも役立ちます。

―肥満によって、眠っている間に何度も呼吸が止まる事があるんです!非常に怖いですよね!

―1日を通してトイレに行く回数が異常に増えたという人は、肝臓病のサインかもしれません。研究によって体重増加と関連していると証明されていますよ。

―誰もが、変化する事のない遺伝子を持って生まれます。でもびっくりな事に、ライフスタイルによってDNAに影響が与えられるんです!少なくとも、ドイツ研究センターヘルムホルツ協会の科学者はそのような発見をしました。

―多くの研究によって不健康なライフスタイルが癌のリスクを上げてしまい、食生活も大きく関わっていると証明されています。

―砂糖や脂肪分の高い食べ物に制限をかけ、代わりに新鮮な果物や野菜を食べるようにしてみましょう。もう一つ、水をたくさん飲むというのもおすすめです。

―運動を始める場合は、少しずつ始めましょう。最初から頑張りすぎて、怪我をしないように気を付けてください。毎日ウォーキングをしてみたり、初心者用のヨガクラスを受けてみましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です