不愉快な質問のかわし方

人が失礼な質問をするのには、いくつかの理由があります。全く問題がないと思っている人は間違いなくいます。そのような人は、体重の話をしたりいつ結婚するのか聞く事が、悪い事だと思っていません。また、人によってはもともと正直な可能性もあります。失礼だと分かってていても、意見を言わずにはいられないんです。そして、ただ怒っている人もいるでしょう!あなたを傷つける事が目的で言っている可能性があります。

それでは実際に、友達と遊んでいる場面を想像してください。笑いが絶えず、ああ楽しいと思っていたその時に、いきなりものすごく失礼な質問をしてくる一人の友達どう反応すれば良いのか、とまどいます。でも大丈夫、そのような言葉を言われた時にぴったりな、かわし方がありますよ!

関連ビデオ:

絶対にググってはいけない!10のキーワード https://youtu.be/qtEDKQ2OdxY

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/  

タイムスタンプ:

失礼な質問をする理由 0:29

かわす方法:

―話題を変える 3:13

―はっきりと答えない 3:49

―答えを短くする 4:48

―質問を流す 5:17

―よく分からないふりをする 5:56

―質問を投げ返す 6:54

―楽しんでみる 7:55

―冗談で返す 8:46

親戚や同僚の場合  11:23

概要: 

―気まずい質問を聞かれた時に話題を変えるのは、弱さではありません。逆に、超えるべきではない一線があると伝える事ができるんです。

―質問に律儀に答える必要は全くありません。例えば相手から、年収はいくらと聞かれたら「平均的だよ、普通、普通」と答えましょう。

―簡潔で関心なさげな答えをすると攻撃者もすぐに飽きます。「年収はどのくらい?普通」「結婚しようって思ってる?多分」

―質問を流すという方法は、お金や結婚について聞かれた時には特に役立ちます。その質問に対して自分で答えるのではなく、他人に流してみましょう。例えば、友達から「いつお給料が上がるの?」と言われたら「それは上司が決める事」と言ってみましょう 。

―同じ質問を好んで繰り返す人なんて、誰もいません。もちろん、攻撃者も失礼な質問を繰り返すのは、気まずく感じるでしょう。だからこそ、失礼な質問を聞かれた時は、聞こえていないふりや、質問が理解できないふりをするのがおすすめです。

―逆に質問するというテクニックはものすごく簡単です。聞かれた質問に対して、質問形式で答えれば大丈夫。外見について言われた時は「その質問、本当に聞いて良いものだと思う?」と言ってみましょう。

―答えたくない質問を聞かれた時は、有名俳優になりきり、相手の目を見て「そのような質問はもう二度としないように」と言ってみてください。

―どんなに失礼な質問でも、冗談で返す事ができますよね?無礼な質問にぴったりな史上最高の武器があります。それは、ユーモア、皮肉、時には嫌味です。

―場合によっては無視するのもおすすめです。誰と話すかは、自分で決めることです。あなたの自尊心や気分を害する有毒な人には「ノー」と言っても大丈夫だという事を覚えておいてくださいね。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です