【未来予測】2100年までに起こること

ニールス・ボーアという名の科学者は、かつてこんなことを言いました。「予知することは難しいものだ。特に未来のことは……」

とはいっても、世の中では未来はこうなっているだろうという様々な予測が行われています。

今回はそんな、2100年までに起こっていること、を見ていくとしましょう。

2037年までに、北極の氷は全てなくなることが予想されています。一方2075年までにオゾン層は修復されるかもしれません。21世紀の終わり頃には、アマゾンの熱帯雨林の83%が気候変動により消滅します。

さあ、興味が湧いてきましたか?2100年までに起こる様々な未来予測を見ていくとしましょう!

タイムスタンプ:

2020年〜2029年 0:39

最も人口の多い国 0:43

スマートカー 1:37

パスワードはもう古い? 2:07

汚れを取り除く建物 2:24

最初の宇宙ホテル 2:44

2030年〜2060年 3:46

全ての書籍がデジタル化 4:03

病院にロボットが登場 4:28

超音速旅客機 4:46

小さなスーパーコンピューター 5:17

高層農園施設 5:37

2061年〜2100年 5:57

人体はセンサーだらけに 6:26

大陸間トンネルの開通 7:01

地球は雪の降らない星に 7:14

超音速列車 7:24

言語の多くが死に絶える 7:55

概要

-2020年までにサウジアラビアのジッダ・タワーが完成することが予想されています

-巻物のように丸められるスクリーンがタブレット端末にとって変わるかもしれません

-自己清掃する建物が、大気汚染を浄化します。酸化チタンでコーティングされた壁面が汚れを分解します

-2020年〜2021年の間に、世界初の宇宙ホテルが登場するかもしれません

-2028年にはイタリアのベネチアには住むことができなくなるでしょう

-2030年には北極の氷が今よりもずっと小さくなります

-2033年には火星への有人飛行が行われる予定となっています

-混合空気で飛行する超音速旅客機が登場するかもしれません

-2030年にはデカフェのコーヒー豆が栽培されるようになります

-人間の体中はセンサーだらけになるかもしれません

-人工インプラントによって、人はサイボーグ化が進んで行くことになります

-現在の冬季オリンピック会場では大会が開催できなくなるかもしれません

-多くの言語が死に絶えます。7000ある言語は数を半分に減らすことになるでしょう

-人の平均労働時間は週に20時間以下になることが予想されています

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です