イルカショーを見るべきではない8つの理由

平均的なイルカは20~30年生きますが、囚われているイルカはその半分またはそれ以下しか生きません。ですがショーは続けなければいけませんから、新しいイルカが使われます。ほとんどの観客は、かわいそうなイルカの運命を知りませんが、それはイルカショーについて広く信じられている神話のせいかもしれません…

概要:

- 彼らは常に「微笑んで」いるのです。人生に満足しているときも、耐えがたいと思っているときも。体の構造として、惨めな顔ができないのです。

- 大きいように見えるプールであっても、囚われた動物に許されるのは、自然の環境で健康に生きるのに必要なスペースの1%にも満たないのです。そして、小さなプールは好奇心旺盛で賢いイルカにとって必要な刺激を与えてくれません。

- 水族館の小さなプールでは、壁から跳ね返ってくる音が動物の心理に深く影響します。そして、うるさい音楽、叫び声、拍手の音、そして、囚われたイルカが耐えなければならない他のこととの組み合わさり、終わりのないストレスとなります。

- イルカたちはわざと、芸をする前には少しお腹が空いている状態にされるのです。イルカは一生懸命やらなければ食べ物を全くもらえないと分かっています。

- 自然の中では、イルカはほとんどの時間やエネルギーを、つながりを探し、その関係を持続させることに費やします。イルカを他の動物を同じ場所に閉じ込めておくのは、人を見知らぬ他人と共に部屋に閉じ込め、コミュニケーションを強いるようなものです。

- 移動のたびに、彼らは体の大きさと同じくらいの暗い水槽で5~8日間を過ごします。そして、そんな小さな水槽に、1匹ではなく他の1~2匹のイルカと一緒に入れられます。

- ドルフィンセラピーの効能についての研究では、通常その効果を認めておらず、あったとしても長続きせず、プラシーボ効果のようなものであるとしています。

タイムスタンプ:

イルカは微笑んでいても、幸せなわけではない 0:57 

イルカはイルカはフレンドリーで、嬉しいので目を細めている 1:36

イルカは大きなプールで泳いでいる 2:26

イルカはおとなしくて攻撃しない 3:19

彼らは賢い哺乳動物で、芸をするのは簡単である 4:23

イルカは水族館や海洋水族館でリラックスしている 5:27

移動式のイルカショーは、野生動物を知るすばらしい方法である 6:58

イルカはヒーラーである 7:55

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です