なぜ中世の城に住むのは夢ではなく挑戦だったのか

多くの人々はどういうわけか、中世の城での生活はごちそうや美しい衣装の領主や女性たちの姿を想像し、ロマンチックなものであったと思いがちです。でも中世の生活は自分の頭の中で描いていた魅力的なものとはかけ離れたものだったのです。中世の城に足を踏み入れて直面するのは、めまいがするような狭い通路、息が詰まるような煙たい炎、憂鬱で暗い部屋などなど。 でもそれはまだ、ましな方。…

タイムスタンプ:

城内は氷ってしまうほど寒かった 1:12

城にはプライバシーがなかった 2:13
… そしてトイレでも一人になることは出来なかった 2:58
城中は物凄く臭かった 3:50
城内はネズミだらけ 5:07
領主と夫人たちの生活 6:17
入浴しなかった理由 7:02
ごちそうは山ほどあり、頻繁に用意されていた 7:51

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 暑い夏の日でさえ、石というものはあまり熱くはならない、というのはご存知でしょうか。その上、安全のために、城の窓は小さくて狭く、多くの日光が入らないようになっていたのです。 これらの事実をまとめると、巨大な石の箱の内部に凍ってしまう程寒い部屋が作られていたということが想像できるはず。

– 城は外からだと近づきがたいものに見えても、内部は文字通り、殆どの部分が大きくて広い1つのスペースだったのです。人々は、1日中、他の人たちと一緒に過ごさなければならなかったのです。

– 中世のトイレというのは実際には多数の穴があいている長い木製のベンチだった…という事。まあ、想像できると思いますけど、壁も仕切りもなしということ。

– 当時ほとんどの人は衛生状態を気にせず、時々風呂に入る余裕さえありませんでした。 バスタブや真水は身分の高い人のみが使えるもの

– もし、自分が城の住人だったら、常にネズミと一緒に暮らしていたということ。 当時の人々だったらこれらの有害動物に慣れて、無視していたと思うかもしれませんが、そういうわけではありませんでした。

– 中世の城では日の出に目を覚まし、外で働いた人々はそれを最大限に利用しようとしていました。

– 領主と夫人は寝たいだけ眠ることができました。 そうでない場合は、明け方に目を覚まし、ミサを聞いて、朝食に白パンとワインを飲むという感じです。

– ごちそうは山ほどあり、頻繁に用意されていました。 食事は大きなホールで行われ、身分によって座る位置が定められていました。 客の食事の選択肢も、その人の重要さによって決められていました。

– 中世では床をハーブと葦で覆い、油と液体を吸収させていました。 その後、使用人はそれを一掃した後、新しいイグサと交換するのです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です