タイタニック号 消えた遺体の謎

海のタイタン。偉大な、沈むことが無いはずの船。1世紀の時を経た今でも、タイタニック号の謎を追いかける人は後を耐えません。

事故から生還した人は乗客の三分の一。1500人以上が犠牲となりました。しかし、回収された犠牲者の遺体はたったの340人。残りの1160人の遺体は一体どこへいってしまったのか?今回はその謎に迫ります。

タイムスタンプ:

20艘しかなかった救命ボート 1:05

氷山はどうして見えなかったのか? 1:58
危険な速度での航海 2:40
見つかっていない遺体 3:16
不沈のモリー・ブラウン 4:59
幸運なローレンス・ビーズリー 6:29
2度の海難事故を生き延びたバイオレット 7:16
最初の救命ボートに乗り込んだ人間 8:17

概要:

-事故当時、タイタニックには乗客全員を収容できる数の救命ボートがありませんでした

-付近を通った船が救難信号に気づいていれば、もっと多くの命が救われたかもしれません

-タイタニック号は安全な速度を超えて航海していました。所有会社が到着時間の遅延を嫌ったのが原因でした

-タイタニック号が沈んで1時間が経った頃、巨大な嵐が海を襲いました。風と海流によって、遺体は離れた位置へと散らされていきました

-船とともに沈んでしまった遺体は未だ回収ができていません

-不沈のモリー・ブラウンの異名をとった、勇敢な女性は、彼女の乗る救命ボートにできる限り多くの人をのせようと奮闘しました

-ローレンス・ビーズリーは、事故からの生還後、本を執筆し、成功を収めます

-バイオレット・コンスタンス・ジェサップは、当初タイタニックに乗るつもりはありませんでした

-ドロシー・ギブソンは有名人の乗客でした。彼女もまた事故から生還します

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です