あなたが知りもしなかったインドの歴史の9つのこと

むか〜しむかしのそのまたむかし。まだ地球上を恐竜が歩き回って、Netflixがなかったころのお話じゃ。平和に暮らしていたユーラシア大陸に、それはそれは、とんでもないものがぶつかってきたんじゃぁ……。

今回ご紹介するのは、かつて大海原を移動する島だった陸地、インド。その神秘の歴史に迫ります!

タイムスタンプ:

1.古代の最先端医療 0:40

2.最古のダイヤモンド商人 1:39
3.最も古い文明の1つ 2:32
4.最先端の文明 3:27
5.最も重要な数 4:21
6.美しい髪 5:01
7.数学と天文学の天才 6:02
8.ゲームの元祖 6:56
9.初めは島だった 8:01

概要:

-整形手術はインドで2500年前に行われています

-18世紀まで、インドは世界で唯一のダイヤモンドの産出国でした。その取引は紀元前4世紀ごろから行われていました

-文化的な都市の生活はインドでは5000年前から送られていました。紀元前2600年には、様々な町や都市がこの文明に帰属していました

-ヴェーダ時代の社会は平等化が進んでいました

-0の概念の発明は7世紀ごろにされたと言われています。それまでは無を表す数は存在しませんでした

-シャンプーの語源はヒンディー語のシャンポ。マッサージする、あるいは、こねるといった意味を持ちます

-インド史上最大の天才は5世紀に生きていました。その名前はアーリヤバタ。天文学の論文を遺し、それは後年様々な研究に応用されました

-チェスや将棋の元祖となったのは、古代インドで遊ばれていたチャトランガというゲーム

-インドは1億年前の恐竜の時代の頃は島でした。巨大大陸から別れたこの陸地は、やがて現在のユーラシア大陸に衝突します

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です