安物の指輪が30年後に80万ドル以上の高値に!

隠された財宝を探すのにあなたならどうしますか?考古学者になる?それとも海賊になる方が手っ取り早いでしょうか?しかし、実は退屈な日常生活もひょんなことから刺激的になることはあるんです。今回は意外な方法や場所で一攫千金を実現させた人々についてのロマン溢れるお話です。この動画を見た後、自分が何を持っているか物置を確認したくなるでしょう!😉

タイムスタンプ:

フリーマーケットは行くべき!何故って? 0:33

このダイヤモンドの何がそんなに特別? 3:12

ロマン溢れる実話集:

-どうやって庭師は埋蔵されたローマ金貨を見つけたか 4:28

-壁の穴を隠す100万ドルの絵画 5:49

-ミドルハムの宝石 7:02

-錆びた缶の中には一体何が?1000万ドル!? 7:58

-毎年600個の宝石が観光客に発掘されている場所 9:12

概要:
-ある女性が買った指輪はたったの13ドルだった!彼女はちょっとしたアクセサリーくらいの価値しか見出していなかったが、それでも彼女はこの指輪を気に入り、30年間愛用したんだ。

-その指輪は19世紀に作られた本物の宝石だったのさ!それもダイヤモンド入りの銀製だ!最終的に、この宝石はおよそ85万ドルで売れたのさ!

-このダイヤは、現代の宝石として、これ以上カットできないほどに処理されているらしい。そしてそれは巨大さを維持するためで、輝きを出すためのものではないのだと。そのせいでほとんどの人間が、これが安っぽいアクセサリーだと誤解したんだ。

-引退したイギリスの庭師のエリック・ローズ。奴は仲間が無くしたハンマーを金属探知機で探したんだ。だがハンマーの代わりに、この男はイギリスで最もでかい埋蔵されたローマ金貨を発見しやがったんだ!

-ある男が家の壁に開いた穴を隠すために29ドルで絵を買ってきた。1999年、ヒューストン美術館は、この絵をなんと125万ドルで買い取った!

-1985年のことだ。テッド・シートンがミドルハム城の周りを歩いていた時、何か小さな物を見つけたんだ。だが、これは15世紀のペンダントだったのさ!シートンはこれをヨークシャー博物館に、4百万ドルで売りやがった!

-2013年、カリフォルニアのとある夫婦は2万7460ドル相当の埋蔵金を手にした!それがかなり古いものだったらしく、オークションでは驚異の1000万ドルでの売却値がついたんだ!

-最後のこれは俺が一番妬ましいと思ってるやつだ。ダイヤモンド・クレーター州立公園。この公園はアーカンソー州にあり、ここは世界中でも唯一のダイヤモンドを好きなだけ掘り出せる夢の公園だ。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です