科学で証明:男女は生まれつき違う

みなさんはあまり聞きたくないかもしれない事をお知らせします…男性と女性は、生まれた時から違う、ということです。ジェンダーによって、感情の感じ方、物の覚え方、情報の認などが影響をうけるのです。これを証明する2019年実施の実験も存在します。この研究では、男性と女性の脳の違いは子宮にいるときから見られるということを発見しました。

タイムスタンプ:

違うけど、それでOK 1:20

完全にお互いを理解することがない理由 2:11
「典型的に」男性的なこと、「典型的に」女性的なこと 5:01
不平等ではない! 6:42

概要:

-男性は肉体的に強く生まれ、女性は子どもを産むときの痛みに耐えられるようにと男性より痛みを鋭く感じません。これは疑う余地もない事実です。誰も反論はしませんよね?

– お互いに耳を傾けて、異なる性別の考え方や動機を理解しようとするようになれば、たくさんの新しい機会が見えてきます。

-歴史的には、たくさんの不平等、不正義、差別の例があります。現在、普遍的な平等への道のりを歩み始めています。

-何をしても、どんな社会的環境にあっても、男女は違うものなのです。これによって、権利の平等性やそのようなものが損なわれるわけではありません。

-自分の周りの世界を認識する方法に大きな影響を与えるものとして、ホルモンもあります。男性のテストステロンは、人を攻撃的にして、ほぼテストステロンを持たない女性に対して保護的になります。

-社会的な平等は、男女の違いとは一切関係ありません。より複雑で魅力的なのは、生まれつきの性質です。

-種として、お互いがいなくては生き残ることは出来ません。同じになることはないと受け入れて、それを楽しみましょう。いらだつことは無意味です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です