私は他の女子と違うの

人間の性質ってホントに謎ですよね?大勢の人から飛びぬけて、認められたい!というタイプでなければ、うまく溶け込んで馬鹿にされないように生きて行く、というかんじですよね?今回は、他の女の子とは違う女子のお話をご紹介しましょう。 (ソーシャルメディアのいたるところで目にする、「注目を得るために他のコとは違うことをする」ってタイプの女子ではありません。)彼女の話を聞いてみましょう。

タイムスタンプ:

バービーそれともレゴ? 0:43

イヤリングやネックレス?結構!1:44

恋する「男オンナ」 2:39

友達関係 3:29

自分を見つけたクリスティーナ 5:27

… 看護師と結婚 7:39

概要:

-同じ年のほとんどの女子と一緒かな。問題なのは、その日に少しだけお人形で遊ぶだけ。私、お兄ちゃんのレゴとかミニカーの方に惹かれて、地面に座って泥だらけの道を庭に建設するほうが性に合ってたんですよ。

-プラスチックのネックレスの付け心地が嫌だったんですよね。耳たぶに垂れ下がるイヤリングの重さも慣れなくて。何だか居心地悪くて、子どもの時は、どうしてこんな風に感じるんだろうと思っていたの。

– 「男オンナ」というレッテルはつきまとって、「女の子らしい」女の子は、私みたいにアメフトやバスケをプレーするのに興味がなかったみたい。ほとんどの女の子がこういったものに興味を示さないことも、特に問題じゃなかったな。

– 思春期で体が変化してきた時、少し女性らしく感じ始めました。女子には「フツウ」のことなんですかね。さらに、このころから、長く友達でいた男友達のひとりに片思いし始めたんですよ。

– 片思いの彼が私の新しい見た目に感心したかというと、一瞥して、笑っただけ。「クリス、顔中の黒いのなんだよ?」

– 学校の課題に専念して、女子らしい着飾りは友だちに任せることにしたの。メイクみたいに本に傷つけられることはないですからね。

– 土木工学を学ぶことにしたんです。本物の建物や道路を計画したかったんです!従来的に言えば、男性的な分野ですよね。

– 自分が建設に関わるビルの建設現場を歩き回るのは最高の感覚!しかも、わたしったら、指先の部分に鉄版が入ったブーツやヘルメットを完璧に着こなせちゃうんです。

– この変わり者の「お転婆」は、本当に理解してくれる男性に出会ったんです。お話ししたように、彼は看護師。だから、同僚の多くは女性です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です