僕の飼い主は僕を道端に捨てたんだ

こんにちは!今回の動画はちょっと変わり種。チャーリーのストーリーをご紹介します。チャーリーははじめ、素晴らしい人生を送っていたんです。おいしい食べ物、暖かい家、愛、すべてそろっていました。しかし、ある日すべてが変わります。それでは、チャーリー自身に語ってもらいましょう。ちなみに、チャーリーは犬です。

タイムスタンプ:

道端に捨てられたチャーリー 0:20

他の捨て犬に出会うチャーリー 3:42

ステキな女の人と友達になるチャーリー 5:57

…新しい家 7:15

概要:

-その日はいつもと変わらない日。僕の飼い主さんを起こして、朝ご飯を食べて、お昼寝しようってときに、親友のジェニーが今すぐいかないとって言ったんだ。

-周りをクンクンして、遊べる木の棒を探し始めたら、ジェニーは車に戻って、走り去って行っちゃったんだ。

-その瞬間、僕は自分で家に帰って方がいいんだって気づいたんだ。だから、歩き始めたの。暗くなって、寒くなって、僕、お腹すいてきちゃった。

-ヘンな目で僕を見てきたり、僕の周りを歩いたりする人もいれば、僕をなでようとする人もいたよ。本当に怖くて、いっぱいいっぱいで、目についた最初の路地に走って逃げ込んだんだ。

-正直言えば、世界で最悪の感覚。この2人は僕の気持ちがわかってくれたよ。あんなに愛してくれた人間が僕たちをこんな風に裏切るなんて…

-僕、ロッキー、オスカーは親友になったんだ。毎朝僕たちは別の方向に向かって、食べ物か、夜温かく保てるための何かを探しに行くんだよ。

-食べ物を見つけるための、僕たちのお気に入りの場所のひとつは、小さなダイナーの外。ジェニーとマイケルは、時々こういう場所にきたりしてたよ。ある時、人間のオンナの人が角で待つ僕に気づいて、食べ物をまいてくれたんだ。

-そのダイナ―に何度も通って、このオンナの人がアリソンって名前で、そこで働いてるって知ったんだ。

-ある日僕を見ていったんだ。「ねぇ、キミ。私と一緒に暮らさない?お家が必要だと思うの。」

-僕が夜を過ごした路地と同じあたりにアリソンと僕は住んでてね、時々、古い仲間のロッキーやオスカーに会いに行くんだ。2匹はまだ道端暮らしで、自分たちの「アリソン」には出会えてないの。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(さくらい声優事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です