航空会社が絶対に起用しない素早く搭乗する方法

機内食のクオリティーやキャビン内での温度、更に3時間の飛行のためにどれくらいのスペースが必要かについては航空会社と全然意見が合わないかもしれません。 でも、確実に航空会社と意見が同意することが1つあります。それは飛行機の搭乗時間が長過ぎるということ。1970年代には、搭乗時間がたった15分だったことが判明しています。 でも、最近では、、全員が着席するまでに約30〜40分もかかってしまうのです。それは一体なぜ?…

タイムスタンプ:

人間の欲が原因? 0:50

飛行機が駐機場で無駄にしている時間の料金 1:10
バック・トゥ・フロント方式が効率的でない理由 1:38
なぜ航空会社は預け入れ荷物の料金を無料にしないのか 3:20
最も効率的な搭乗方法 5:28
サウスウェスト航空の巧妙なトリック 7:38
各社によって選択される搭乗方法 9:20

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 現在、人々はお金を節約しようとしているので、預け入れ荷物の代金を支払わずに、できるだけ多くの荷物を機内持ち込みにしようとします。

– 飛行機が駐機場で無駄にしている時間の料金は1分あたり約11万5千円。

– 現在、ほとんどの航空会社は乗客の搭乗のためにバック・トゥ・フロント方式を起用しています。 この方法は最も一般的な方法であるだけでなく、最も効率が悪い方法なのです。

– 毎年、アメリカの航空会社は、預け入れ手荷物の料金により年間約4千4百60億円の収益を得ているのです。

– 外側の座席から搭乗していくという方法があります。 テレビ番組の“怪しい伝説”では、これが最速の方法であるということを発見しました。 この方法では、窓側の座席の乗客が最初に搭乗するのです

– ザ・ステフェン・メソッドは、窓側の乗客から搭乗し、一列おきに着席するものであり、搭乗は飛行機の後部座席から始まります。

– 主な理由は、家族やカップルや友達同士が一緒に乗ることができないこと。

– サウスウェスト航空では乗客に、搭乗グループと搭乗ポジションを与えます。 そしてその後は、自分が気に入った席に座るために急がなければなりません!

– 実際、各航空会社には好みの搭乗方法があります。 たとえば、ヴァージン・アトランティック航空とアメリカン航空は、一度に多くの乗客が搭乗すればするほど良いと考えています。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です