20時間フライトの秘密

想像してみましょう。6時間続くフライトにこれから乗り込みます。そんな長い時間、退屈しない自信はあるでしょうか?6時間の間、トイレのために立つ以外にずっと座りっぱなしの旅。これが大変と感じる方は、果たして20時間のフライトには耐えることができるのでしょうか?

タイムスタンプ:

世界で最も長距離を飛行する便 1:00

エコノミークラスの座席がない理由 2:54

20時間飛び続けるフライト 4:40

寝台、ジム、そしてバー 5:29

スカイライダー2.0 6:45

長距離を移動するフライトTOP10 8:26

概要:

-現代では、AからBまでを最短距離で移動したいと考える人が多いようです

-初めての長距離フライトが始まったのは18年前。2001年3月1日、コンチネンタル航空がスタートさせました

-現在、際長距離を移動するフライトはシンガポール航空ニューアーク発シンガポール行。その片道はなんと18時間45分かかります

-機内にエコノミー席はありません。ビジネスクラスが67席、そしてプレミアムエコノミークラスが94席あります

-カンタス航空はシドニー発ロンドン行の長距離フライトを2022年までに実現する予定です。その計画はプロジェクト・サンライズと呼ばれています

-カンタス航空の計画では、機内には寝台やジム、バーまでが設置されることになっています

-イタリアの航空デザイナーによるシートはコスト削減に大きく貢献するもの。スカイライダー2.0は快適さとはほど遠いように見えます

-長距離フライトの飛行時間は季節、天候、航空事情、気候などに左右されます

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です