恐竜について知られていない最も衝撃的な11の事実

大半の人々は恐竜について何を知っているのでしょう? 恐竜の中には凄く大きかったものがいたり、羽を持っていたものもいて、更に6,600万年前に絶滅してしまった、というようなことですよね? では、ニワトリと同じくらいのサイズの恐竜の存在や、毛皮に覆われた恐竜がいたというのはどうでしょう? そして、本当は絶滅していないというのは…?

タイムスタンプ:

ティラノサウルスは史上最大の恐竜とは程遠い大きさだった 0:36

恐竜は今までで最大の動物ではなかった 2:01

恐竜は本当は絶滅していない 3:00

恐竜は鱗ではなく羽毛で覆われていた 4:24

ジュラシックパークはいつの日か現実になり得る 5:50

最大の草食動物はそのサイズ同様の食いっぷりだった 7:11

ニワトリと同じくらいのサイズの恐竜が存在していた8:19

恐竜にはゴキブリ並みの大きさのノミがついていた 9:17

肉食恐竜はかなり大きな脳を持っていた 10:04

恐竜は脱皮していた 11:16

恐竜の中には毛皮で覆われていたものもいた 12:14

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 最大全長12 m、体重約9トンの、地上での恐竜の中でも最も大きいアルジェンティノサウルスと比べるとチビだったということになります。

– 今までに地球上に存在した最大の動物は恐竜である、と思い込んでいる人が多いと思いますが、実はそれは単なる勘違い。 実際、この惑星の歴史の中で最大の動物はシロナガスクジラ。

– カリフォルニア大学バークレー校の科学者によると、鳥は恐竜の遠い親戚ではなく、恐竜そのものだということ!

– 時間の経過とともに、より多くの化石が発見されるにつれ、古生物学者はティラノサウルスと、その同種を含む、ほとんどの恐竜が羽毛で覆われていたことを結論付けたのです。

– まだ孵化さえしていないヒヨコが、古代のトカゲに似た下肢を持って成長したのです。 純粋な科学的理論は別として、この実験は、鳥がいずれ実際に恐竜になり得るということを示しました。

– 史上最少の恐竜は、コンプソグナトゥスと呼ばれるもので、それはちょうどニワトリほどの大きさのものでした。

– 肉食恐竜は、はるかに大きな脳を持っていました。 ですので、この捕食動物の脳がクルミ程の大きさであるという描写は、事実に反しているということ。

– Nature Communications(ネイチャー コミュニケーションズ)誌に掲載された2018年の研究によると、化石化した恐竜のフケは、この古代のトカゲが脱皮していた証拠になり得るということ!

– ブリストル大学の古生物学者は、翼竜の中には数種類の異なった体毛で覆われていた可能性があるものもいた、ということを示唆しました。 頭部と翼は羽毛で覆われていて、残りの部分は柔らかい毛皮で覆われていた可能性があるということなんです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です