私たちが物に触れたり触れられるのが好きな理由

自分の意志で決断を下している、なんて思ってはいませんか?実際は違うんです!人の考え方や決断方法は、軽いものや重いものを触れる事によって左右されます。これは科学者が発見した事。さらに、人々の行動というのは座っているものの表面に影響される可能性があります!どうゆう事なのか、ビデオを見て学んでみましょう!

関連ビデオ:

どっちを選ぶ?究極の選択!モラルジレンマ6選 https://youtu.be/0vx0lp5_TgQ

あなたの行動を操る心理学10 https://youtu.be/LFwd03BYpEY

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:   

研究の結果 0:41

触覚が私たちを危険から守ってくれるワケ 2:20

疼痛耐性に影響を与えるもの 3:17

全く痛みを感じない人たち 3:51

泥棒が心がけている盗むタイミング(絶対に真似しないで!)4:49

高齢者がよくつまずく理由 6:08

プロのハグ師とは? 7:27

概要:

―触覚というのは、最も早く出来上がる五感の一つ。それは生まれる前に発達するんです。

―身体的な接触が私たちの抽象的な思考に大きく影響します。異なる質感によって感情が呼び起こされ、行動し、周りの人を特定の方法で知覚するんです。

―触覚は私たちが周囲についての結論を出す手助けをするだけではありません!私たちに痛みを感じさせる事によって、危険からも守ってくれます。

―高い集中力が必要な事をする時、その活動をしている間は痛みが減少されたり、場合によっては排除される事もあります。

―一部の人々は痛覚失象徴と呼ばれる状態を経験します。痛みに気付き、それがどこから来ているのか、また体のどの部分が影響されているのか知っているのに…、それに対してそこまで気にしないんです。

―16歳から18歳であれば、触覚受容体は短期間で脳に情報を伝達することができますが、そこからプロセスが徐々に遅くなります。

―母親との触れ合いを経験したなかった乳児は、発達中に免疫力が弱まり、認知の問題が出てきてしまいます。

―成長後でも、身体的な感覚を通して、人と交流する事が重要です。これは、癒しの効果もあります。

―私たちは他人から触覚的な感覚を受けるほど成功するんです。

―人間の接触がなくなると、あらゆる問題を引き起こす可能性があります。例えば、うつ病や不安障害など。どうしても寂しいと感じたら、プロのハグ師を雇っちゃいましょう!

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です