お店があなたに商品を買わせる方法

お店にあるものすべては、あなたにお金を落とさせようとしてきます。マーケティングの達人は、あなたの嗅覚や視覚、聴覚に訴えかけるありとあらゆる手法を使いますが、それだけではありません。中には、人の心理に訴えかけてくるものが存在するんです。頻繁に使われるものを見ていきましょう!

タイムスタンプ:

イチキュッパの魔力 0:39

心拍よりも遅いビート 1:05

ショーウィンドウにはセールの文字が 1:33

ポイントカード 1:56

値引き品 2:16

クーポン 2:42

キャンディの魔法 3:11

期間限定 3:38

内容量は減っています 3:59

計算が簡単な割引 4:24

明るい色 4:53

迷いやすい店内 5:14

高い商品は目線の高さに 6:08

まとめ売り 7:03

送料無料 7:32

返金オーケー 7:54

横柄な店員 8:21

買い物かごの山 8:45

BOGO 9:22

概要:

-店内の音楽は心拍数よりも低いビートのものが流れます

-窓には大きくセールの文字が掲げられていますが…?

-ポイントカードはまたのご来店をうながす装置

-偽のクーポンに騙されないように。あれはただの広告です

-期間限定という言葉にも惑わされてはいけません

-同じ商品なのに中身が減った気がしたことはありませんか?値段は据え置きなのに…?

-明るい色はお客のムードを向上させ、これが購買意欲につながります

-店は定期的にレイアウトを変えて、お客を迷わせます

-店では割高な商品ほど目線の高さに置かれる傾向にあります

-必要以上に買わせるために使われている手法がまとめ売り

-BOGOとはBuy One Get Oneの頭文字のこと

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です