今明かされるパルメザンチーズが高額な理由(プラスチーズトリビア)

世界には2000種類のチーズが存在しています。私のようなチーズ好きには、たまりません!チーズ好きって結構いらっしゃいますけど、パルメザンがなぜお高いのかはご存知ですか?一緒にその知識を増やしていきましょう!

タイムスタンプ:

「本物」のパルメザンチーズの生産場所 0:24

このチーズを生み出した人とは 1:24

変わったバクテリア 1:50

パルメザンチーズに関する法 4:15

チーズを銀行の担保に4:46

地球上で最も盗まれている食べ物6:29

ホワイトハウスに持ち込まれた最大のチーズ6:51

ボーフォールチーズで動く発電所7:39

チーズの中毒性 8:11

世界で最も高いチーズ 8:35

ホメロスのオデュッセイアにあるチーズ9:11

長生きしたい?チーズを食べよう! 10:13

食べるチーズで見る夢が変わる?! 10:43

概要:

-熟すのに少なくとも1年はかかり、作るのに495リットルの牛乳が必要なんです。

– パルメザンチーズは、13世紀、14世紀ごろの史料で初めて言及されています。有名な作家のボッカッチョが、1348年の『デカメロン』の中で、「すりおろしたパルメザンの山」という記述を残しています。

– I法律によって、12ヶ月以上たたなければ、製造工場から出荷されてはいけないと定められています。最後に、チーズ専門家と熟練検査官からなる、パルミジャーノ・レッジャーノのチーズ・コンソーシアムが、チーズを検査して、出荷できる準備ができているかを決定。

-時間と共に良くなる他の製品同様、パルメザンも熟せば熟すほど、お値段が上がります。

-英国のセンター・フォー・リテール・リサーチによれば、地球上でもっとも盗難にあう食品はチーズです。

– ホワイトハウスに持ってこられた最も大きなチーズの塊は、ニューヨーク、サンディー・クリーク農家であるトーマス・S・ミーチャム大佐から、アンドリュー・ジャクソン大統領へのプレゼント。

– フランス・アルプスには、ボーフォールチーズで動く発電所が存在します!生み出された電力は、1500人をまかなうのに十分な量です。

– チーズは、牛の肝臓に含まれるカソモルフィンのお陰で、中毒性が高くなる可能性があります。

-世界で最も高額なチーズは… パルミジャーノ・レッジャーノではないんです!セルビアのバルカン半島のロバのミルクでできたピュールチーズが最高額。

– チーズは、紀元前8年後期にさかのぼるホメロスのオデュッセイアにも記述が残っています。キュクロープスは、自身の洞窟の中でヤギのミルクのチーズを製造し、チーズラックで保管していました。

– ロックフォールブルーチーズは、心臓の健康と血圧に良いスペルミジンが豊富に含まれています。

– チーズで睡眠の質を向上!これは、英国チーズ協会による2005年の研究の結論です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です