海の上での厳しい生活: 航空母艦の8つの事実

「海の都市」と聞くと何を想像しますか?何世紀も前に消えてしまい、最近再発見されたアトランティスのようなものでしょうか?今日お話ししたいのは航空母艦のことなんです。海に浮かんでいる本物の都市みたいなんですよ。郵便が届く住所だってあるんです。

関連するお勧め動画はこちら:

タイタニック号沈没の真相に迫る! https://www.youtube.com/watch?v=ulLhiOv7RU4

クルーズ船が隠している13の秘密 https://www.youtube.com/watch?v=Dirlk0M_aPs

この湖が地球上最も危険な理由 https://www.youtube.com/watch?v=9dlb8C02R4U

タイムスタンプ:

一隻の船の上に街が丸ごと一つ 0:32

巨大で、数は少ない 2:03

独立した領土 2:48

乗組員の生活状況 3:32

船上で最も危険な仕事 4:39

航空母艦は空港より忙しい 5:58

航空母艦は何年も航海し続けられる 6:59

アメリカ航空母艦に郵便を送るには 7:49

概要:

- 航空母艦には主に4つの機能があります。世界中に航空機を輸送し、飛行機を離陸させ、軍の移動式の司令部にもなり、任務を行う乗組員の住居ともなります。

- 多くの航空母艦は1.8ヘクタールあり、300mの長さがあるものもあります。

- そして重さは30トン、長さは6mにもなります。航空母艦はおよそ50年間機能するように作られています。

- 国際的な航行の自由を保障する法律により、航空母艦は海上のどこであっても独立した領土であると公的に認められています。

- 航空母艦には5,000~6,000人もの人々が居住し、働いています。彼らは7階建てのデッキに住み、エレベーターで主甲板に出ます。

- 航空母艦での仕事で飛行や操作、航空機のメンテナンスに関わるのはおよそ半数です。

- 航空機をが飛んだ離着陸したりするのを補助するのはこの世で最も難しく、危険で、騒音の多い仕事の一つです。一つでも間違いが起きると海に払い落とされてしまいます。

- 現在ほとんどの母艦は原子力に頼っています。それは、以前のように頻繁に燃料補給をしなくてよく、一度の燃料補給で20~25年も機能し続けられるということを意味します。

- 乗組員はネットで買い物ができます。注文後10日ほどで届けられます。

音楽:

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です