マトリックス三部作の本当の意味

マトリックスは1999年当時の我々にとっては相当ショッキングなものでした。アクション満載のSFヒット。でも続編はファンはもちろん、評論家にとってもそれほどエキサイティングなものではありませんでした。 この三部作についての真相を説明していこうと思います。 ですので、この動画は明らかに、ネタバレ注意です。まずは電撃発表から行きましょう。実は、ネオはマシンなんです! AIが人体の内部で養成されたものであり、人間ではないのです!

関連動画:

タイムスタンプ:

ネオは一体誰なのか? 0:35

なぜ救世主は自由意志を持つことが出来るのか? 2:50
ネオは自分自身が誰なのか知っているのか? 4:20
マシンはネオから何を得ようとしていたのか? 4:31
ネオは救世主として特別な存在なのか? 5:30
エージェント・スミスの役割とは何? 7:01
なぜネオはユニークなのか? 8:41

サムネ写真のクレジット:

マトリックス (1999) キャリー=アン・モス: By ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・グループ./CAP/KFS/キャピタル・ピクチャーズ/イースト・ニュース, https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/60503872/i/0/t/0

動画はブライトサイドにより作成されたものです。

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 実は、ネオはマシンなんです! AIが人体の内部で養成されたものであり、人間ではないのです。ここでの思わぬ展開は、ネオが元々マシンによって創られたということです!

– 私たちが映画で見ているマトリックスは一番最初のものではなく、実際には6回目のサイクルなのです。 そして、以前のすべてのサイクルでも、ネオのようにシステムを再起動し、安定させるための独自の“救世主”が存在していたのです。

– “救世主”は各サイクルで、マトリックスを再起動させずに破壊することを選択することもできます。

– マシンは、住民を中に閉じ込めるために、あらゆる可能性に対しても完璧なシステムを作ろうとしていたのです。 マシンはマトリックスを拒絶するという論理を理解することができなかったので、その可能性を探るためのエージェントを必要としていたのです。

– ネオは人間の世界を探り、人間の良心を持ち、友達を作り、恋に落ち、そして他の人々との様々な絆を作り出します。 その間、マシンはこれらのすべてを追跡し、データを収集していたのです。

– ネオがようやくアーキテクトのところにやって来たとき、基本的にマトリックスとそのすべての住人、つまり人間とプログラムを破壊するという期待とは異なった道を選んだのです。

– ネオは前任者と全く違わないということです!“救世主”は同じ機能のセットを内蔵しており、同じ人間でないこと以外は、本質的にすべて同じだったのです。

– エージェント・スミスはそのようなプログラムの1つであり、当初、彼の目的は、人間と反逆したAIを見張ることでした。

– そして、ここで大事なのは、ネオが今までにない独自の選択をするということです。 それはすべてを破壊し、7サイクル目に新しいものを再生させるという代わりに、自分自身でウイルスと戦うことを選ぶのです。

– 3部作の中には、ネオがマシンによって作られた人間か、マシンとのハイブリッドであるという様々な手がかりが隠されているのです。

– 2作目のマトリックス・リローデッドの中では、もしかしたらネオは完全に人間ではないかもしれないというヒントを投げかけ始めてくるのです。

– ネオは一度にいくつものことを成し遂げます。 それは、人間と機械の間の平和を確立し、ザイオンを絶滅を恐れなしで繁栄させ、そしてマトリックスを永遠に変えてしまうということです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です