心臓が研究所で造られる時代

心臓移植を必要としている患者の数はとても多いものの、実際に移植を受けられる人の数は限られています。移植を受けたあとの体には拒絶反応のリスクも付きまといます。ところが、この現状を打開する発見が、研究所であったというのです。

タイムスタンプ:

心臓を皮膚から? 1:25

研究者たちが行った手順 1:51

科学者によって培養された臓器のリスト 4:27

消しゴム大の脳 4:45

幹細胞で腎臓を 5:00

3Dプリンティングされた耳 5:34

微小な胃 5:58

ミニ肺 6:37

肝臓 7:13

食道 7:53

概要:

-多くの臓器は受けた傷を修復することができますが、心臓だけはそれを行うことができません

-2015年にハーバード医科大学とマサチューセッツ総合病院は、この臓器不足を打開するとの声明を発表しました

-その答えは皮膚細胞にありました。それを使って心臓を再生させようという試みが行われました

-研究者たちは、大人の皮膚から幹細胞を得る革新的な方法を使用しました

-2週間で、十分な大きさの心臓を手にいれることができました。未発達の心臓を作り出すことに成功したんです

-研究者たちの目標は、これを使って様々な幹細胞を作ること

-オハイオ州立大学では、鉛筆の先の消しゴム大の脳が作られました。このオルガノイドは5週間目の胎児の脳と同じ大きさのものとなっていました

-2013年、オーストラリアでは小さな腎臓が作られました

-ニューヨークのコーネル医科大学では、耳の3Dプリンティングが成功しました

-シャーレの上で小さな胃も作られました

-機能をおおむね備えた小さな肺も作られました

-ロシアでもまた、機能を備えた食道が幹細胞から作られました

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です