世界の億万長者の自家用機

飛行機での旅行には時折不便が付きまといます。空港の列で長く待たなくてはならないし、機内食も美味しくないし、お隣の乗客がいい人である保証もありません。世界の大富豪は、快適な空の旅というものをよく知っています。大富豪や高級車だけでなく、自家用機を所有している富豪たちの空の生活を、ちょっとだけ覗いてみましょう。

タイムスタンプ:

1.ハリソン・フォード − セスナ・680・ソヴリン 0:25

2.ジェイ・Z − ボンバルディア・チャレンジャー・850 1:31

3.オプラ・ウィンフリー − ボンバルディア・グローバル・エクスプレスXRS 2:27

4.ジム・キャリー − ガルフストリーム V 3:16

5.ムケシュ・アンバニ − ボーイング・ビジネス・ジェット・2 4:06

6.ルパート・マードック − ボーイング 737−800 4:59

7.ロマン・アブラモビッチ − ボーイング767−33A 5:49

8.タイラー・ペリー − ガルフストリーム Ⅲ 6:49

9.ドナルド・トランプ − ボーイング757 7:42

10.ジョセフ・ラウ − ボーイング747−81 8:44

11.ハサナル・ボルキア − ボーイング747−430 9:35

12.アル=ワリード・ビン・タラール王子 − ボーイング747−400 10:32

概要:

-ハリソン・フォードは複数機の自家用機を所有していますが、その中で最も優れた機こそ、セスナ680ソヴリン。そのお値段とは?

-ジェイ・Zのボンバルディアチャレンジャー850は奥さんのビヨンセからの贈り物

-オプラ・ウィンフリーも自身の飛行機をお持ちです。14名が搭乗できるその機のお値段はなんと?

-ジム・キャリーの所有するガルフストリームVは世界でも最高性能を誇る機の一つ。16名を乗せて音速に近い速度での飛行が可能です

-インド一の大富豪ムケシュ・アンバニの所有する機は世界でも最も美しい飛行機の一つ

-21世紀フォックス社などの会長ルパート・マードックの自家用機には50名が搭乗することができます

-ロマン・アブラモビッチはチェルシーFCのオーナーで、ロシアでも指折りの大富豪。何台もの高級車やヨットに加え、ボーイングも所有しています。

-俳優でコメディアン、映画監督のタイラー・ペリーの所有する自家用機のお値段はさらに高く…?

-ドナルド・トランプは2011年にボーイング機を100億円以上で購入。そこからさらに手を加えたのが現在の自家用機となっています

-ジョセフ・ラウは香港の不動産王。彼の所有するボーイング機はドリームライナーと呼ばれ、VIPの旅に必要な全てを搭載しています

-国王にも自家用機。ブルネイの国王が所有するボーイング747−430は彼の旅のためにいつでもスタンバイしています

-世界で最も高価な機とされるボーイング747−400。500名以上が搭乗することが可能です。サウジアラビアの王族アル=ワリード・ビン・タラール王子が購入されたのがまさにそれ

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です