季節性の鬱に対抗する方法9選

秋や冬の憂鬱を感じたことがない人なんて、あまりいませんよね。外が薄暗くて陰気な時、天気と同じような気分になってしまいがちです。寒い季節に毎年気分が落ちているなら、季節性情動障害かもしれません。心配ご無用!ご紹介するエクササイズを試してみてください!

タイムスタンプ:

季節性情動障害の症状0:23

不安を和らげるエクササイズ1:22

ストレスと戦うための別の方法

-ビタミンBやDを食事に組み込む2:27

-小さな目標を設定してそれを達成する3:29

-休暇の思い出を机に置いておく4:12

-ポジティブな人で周りを囲む4:56

-アートセラピーやパペットセラピーを試す5:43

-アニマルセラピーを受ける6:46

-自分のネガティブな思考に挑戦する7:29

-過去の趣味をまた始める8:24

-日光に当たる時間を「のばす」9:17

概要:

-エドモンド・ジェイコブソン医師は、1920年代に漸進的筋弛緩法と呼ばれるテクニックを開発しました。継続的な緊張と、特定の筋肉グループの弛緩の運動です。

-このエクササイズを行う際、少なくとも30分間は誰からも何からも邪魔されないようにすることが重要です。これはあなただけの「自分時間」なのです。

-アメリカ国立衛生研究所では、ビタミンが豊富な食物を食事にたくさん取り込むことを推奨しています。例えば、ほうれん草、豆、種やナッツ類、全粒穀物、葉物野菜、アスパラガスなど。

-カリフォルニア大学ロサンゼルス校のディプレッション・リサーチ・アンド・クリニック・プログラムのディレクターでもあるイアン・クック教授は、小さな目標を自分のために設定して、スケジュールを組織化することを勧めています。

-ストレスマネージメントの専門家であり、『ターン・オン・ユア・イナー・ライト』の著者であるデビー・マンデルは、小さな夏の思い出を見ることで、思っているよりもずっと気分を高めることができると話しています。

– SADから回復するためには、誰を自分のパーソナルスペースに入れてもいいかをしっかり選ぶ必要があります。

-絵描き、彫刻、ダンス、演劇、音楽、そしてその他の創造的な表現の形式は、鬱を癒す効果があります。

-アメリカ国立精神衛生研究所では、アニマルセラピーを心理療法として認定しており、鬱や気分障害の治療に使用しています。

-自分の考えていることに挑むことは、SADと戦うための最も強力な解決法です。自分の価値、能力、未来に関する恐ろしい結論に、思考が飛びついてしまうのを許してはいけません。

-以前リラックスできて力を与えてくれたものが、何であるかを思い出してみましょう。

-秋や冬は日光が少ないため、出来るだけ多く日光を浴びることができるように一日を計画しなくてはいけません。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です