推定年齢512歳!最長老のサメ

何世紀も生きる動物がいることはご存知ですか?そんな動物が実在するんです!研究者たちが発見したある動物は、長寿の世界記録を持っていました

タイムスタンプ:

150歳?まだまだ若造じゃのう! 0:33

柔らかいサメとは? 2:12

研究者たちが出した結論とは 2:40

とても長く生きる生き物たち 4:06

赤ウニ 4:26

ニュージーランドオオウナギ 5:04

ガラパゴスゾウガメ 5:39

コンゴウインコ 6:14

ムカシトカゲ 6:54

鯉 8:08

アメリカンロブスター 8:39

概要:

-ニシオンデンザメの寿命は信じられないほど。ゆっくりと成長し、150歳でもまだまだ子どもと考えることができます

-科学者たちはサメの年齢を測定するために放射性炭素年代測定を行いました

-28頭のサメを調査した結果、その全てが272歳以上で、最大の体長を持っていたものは392歳でした。このデータから、512歳に達するサメもいることが推測されました

-赤ウニの特定の種は200歳まで生きることができます。太平洋、アメリカ西海岸近海で見ることができます

-ガラパゴスゾウガメは100歳まで生きると言われ、中でも長寿な個体は152歳まで生きました

-ムカシトカゲはゆっくりと成長し、30歳でようやく大人になります。野生環境では100歳まで生きると考えられています

-226歳に達した鯉が存在します

-ホッキョククジラが住んでいるのはその名の通り北極。最長寿のホッキョククジラは現在211歳だと言われています

-南極のカイメンで最も長く生きているものは1550歳

-ベニクラゲは大人と子どもの時期を繰り返すことで無限に生き続けることができます

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です