クロヒョウも?絶命したと思っていたのに生きていた動物たち

絶滅したと思われていた動物がいきなり目の前に現れることもあり、私たち人間は常に大自然に驚かされています!まず初めに、話題になったニュースから見ていきましょう。なんと、1世紀以上ぶりにアフリカでクロヒョウが撮影されたんです!これは本当に驚くべきこと。クロヒョウはものすごく珍しく、ほとんどが東南アジアに生息しています。

関連ビデオ:

誰も見た事もないような珍しい動物10 https://youtu.be/a4UmVEpZHHM

こんなに可愛いのに死ぬほど危険な動物ランキング10 https://youtu.be/PXCiwKQHKjc

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:  

なぜ黒いの? 0:47

「危急種」として分類されている理由 1:10

他に再発見された動物 足のある魚 2:48

ツノシマクジラ 4:09

巨大なミミズ 4:57

ピグミーゾウ 6:16

フェルナンディナゾウガメ 7:35

ツリー・ロブスター 8:38

プレビュー画像引用元:

黒いヒョウ:バラード・ルーカス ワイルド・ライフ・フォトグラフィーより http://burrard-lucas.com、Camtraptionsのカメラトラップによって撮影 www.camtraptions.com、ラキピア ウィルダネス キャンプ、ケニア、https://www.camtraptions.com/black-leopard.html

このビデオのために写真提供をしてくれた、バラード・ルーカスさんに心から感謝申し上げます。Camtraptionsのカメラトラップによって撮影 www.camtraptions.com、ラキピア ウィルダネス キャンプ、ケニア、https://www.camtraptions.com/black-leopard.html

パルースミミズの成長した固体、イースト・ワシントンのミミズ:クリス・バウアーより https://www.flickr.com/photos/82271859@N00/9546772625/、CC:2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=37140323

アニメーションはブライトサイドにより作成されています。

概要:

―黒い毛はメラニズム、つまり黒色色素過多症の結果で、この症状は、髪の毛、肌、目の色を決定するメラニンが過剰に生成されること起こります。

―アフリカでは100年以上前からその存在を証明する事はできませんでした。最後にこのような写真が撮られて公開されたのは、1909年にエチオピアで撮影されたものだったんです。

―シーラカンスの驚くべきことは、この生き物が、魚類が陸上四足動物に進化する過程におかれている事。

―海の住人といえば、ごく最近まで存在を知られていなかった生き物がまだいます。それは、ツノシマクジラという名のクジラ。2015年以前、このクジラは一度も発見された事がありませんでした。

―この柔らかそうなパルースミミズは、1980年代以来、絶滅したはずでした。ですが、2005年に科学者が一匹の成長した個体を発見したんです。

―2008年に、世界自然保護基金、別名WWF(レスリングではありませんよ)が驚くべき発見をしました。ボルネオの山の上で、約2世紀前に絶滅したと考えられていたピグミーゾウが見つかったんです!

―フェルナンディナゾウガメは1906年までに絶滅したと考えられていて、2019年2月17日まで目撃された事はありませんでした。しかし、ガラパゴス諸島でメスの個体が発見されたんです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です