謎のアーティスト・バンクシーの秘密

バンクシーとは一体何者なのか?芸術肌の天才画家、はたまた法を無視する無法者?あなたは今最も注目されているアーティスト、バンクシーをご存知でしょうか。世界でも有名なストリートアーティストの一人であり、彼の作品はたくさんの注目を集めています。今や世界中で追いかけられ、ディズマランドを影で支配していた人物がどんな人だったか、調べてみましょう。

タイムスタンプ:
バンクシーとは?その正体とは? 0:45

バンクシーの最も有名な初期の作品 2:10
バンクシーの見た目 2:38
どう生計を立てているのか 3:13
バンクシーの作品は50万ドル? 3:40
なぜ「スレイブ・レイバー」売却時にバンクシーに1セントもはらわれなのか 5:07
バンクシーが伝えたいこと。その変わったやり方 7:00
バンクシーの作品を手に入れた有名人たち 8:47
英国女王に代わってダイアナ妃をプリントしたバンクシー 9:55
2011年のオスカーを受賞したバンクシー 10:19

サムネイルのフォトクレジット:
「風船に手を伸ばす少女」と「希望はいつもそこに」サウスバンクバージョン:イギリス、ブリストルのドミニク・ロビンソン氏提供、バンクシー「少女とハートの風船」、CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=73570221
アニメーション作成:ブライトサイド

概要:
-彼の本名はロビン・カニンガムだと言われ、1973年7月28日にイギリス、ブリストル近郊のヤーテで生まれました。

-そのほかにもバンクシーは実はイギリスのバンド、マッシヴアタックのリーダー、ロバート・デル・ナジャ、通称3Dじゃないかという噂もあります。

-最も有名なバンクシーの初期の作品はおそらく1999年に描かれたマイルド・マイルド・ウェストでしょう。この作品は反グラフィティ団体「アプロプリエイト・メディア」によって2009年に赤いペイントで塗りつぶされてしまいました。

-しかしバンクシーの作品が実際に売却された例があります。それは彼の有名な作品「キッシング・コッパーズ」です。これは2004年にブライトンのプリンスアルバートというパブの壁に作られた作品で、2011年にオークションで匿名のアメリカ人バイヤーに売却されました。

-バンクシーのアートを通して送られてくるメッセージの中で最も重要な位置を占めるのは商業主義への批判です。

-バンクシーもまたグラフィティアーティストとして自分の作品をギャラリーに出すことはもうできないだろうと思いましたが、しかしその才能と名声が彼を助けることとなりました。

-バンクシーは2003年から2017年にかけてブリストルの拠点でピクチャーズ・オン・ウォールのディーラーと活動していました。

-バンクシーはまた2005年に数年にわたりアートブックとしてベストセラーとなった超人気作品集「ウォール・アンド・ピース」を発行しました。

-彼はまたドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ」の映画監督であり、2011年にはアカデミー賞にノミネートされ、500万ドル以上の興行収入を得ています。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です