私が実践した貧困改善法

貧困はとめることは出来るのでしょうか?世界中には、つらい状況に陥って、生活のやりくりができない人がいます。でも、こういった人の生活を少しだけでも明るくしてあげることは可能です。例えば、服を寄付したり、自分の誕生日プレゼントとして寄付をお願いしたりすることもできます。小さなことでいいんです。それでは、自分に余裕があまりない時にできる人助け方法の他国での例を見てみましょう。

タイムスタンプ:

服を寄付 1:09

お腹をすかせた人にご飯を提供する方法 2:00

ホームレスの女性の援助法 4:02

変化を生み出す小さなこと 5:11

お金を寄付 6:20

概要:

-オフィス向けの服装を受け付けて、社会復帰を望む人をサポートするという団体もあるみたい。みなさんのお住みの地域にはこういったサポートはありますか?

-次にレストランに行って誰かが外で物乞いをしていたら、少しお金があるから暖かい食べ物を買いましょうか、と伝えてあげましょう。もし嫌じゃなかったら、一緒にレストランに連れて行って、何かを頼んであげてください。

-彼女たちは、毎月必要になる基本的な生理用品を買うことができません。助けを必要とする道端の女性に、生理用品などを含むミニプレゼントを配ってみてはどうでしょう。あるいは、保護施設を調べて、これらを寄付として持っていくこともできます。

-女性がヘルスケアクリニックを見つけて専門家に助けてもらえるようにするために、お金を寄付できる国立の組織が私の住む国にはいくつか存在します。

-辛い時を過ごしている人に笑いかけてみてください。道でお金を集めている人にとって、誰かが立ち止まってその存在を認めてくれるだけでも大きな意味があります。

-気分が良さそうではなかったり、医師の診察が必要そうな人を道端で見つけたら、助けを求めましょう。

-助けを必要とする人に手を差しのべる簡単な方法としては、自分へのプレゼントを別のものに向けることです。

-お金を時々寄付したいけど出来ないという人は、寄付したい額を毎月の予算に組み込んでください。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です