【閲覧注意】7種のなかなか死なない生き物

死なない存在について聞いたことはありませんか?いえいえ、ゾンビなんかじゃありません。現実に生きるホラーな生き物たちのことです。これら動物界のリアルゾンビたちは、致命傷を負っても生き続けることができるんです。ご覧になる方は、ショッキングな画像やお話のご覚悟を…

タイムスタンプ:

ゴキブリ 0:42

ミバエ 3:21

ヒキガエル 4:47

鶏 6:45

蛇 7:40

イカ 9:38

ベニクラゲ 10:26

概要:

-ゴキブリは頭を失っても生き続け、交尾を行うことができます

-ゴキブリは脳に制御されない気門と呼ばれる穴で呼吸するため、頭がなくなっても体呼吸を続けることができます

-ミバエは頭を失っても、平然としています。数日間はどうやら気づかない様子

-2016年にマサチューセッツ州立大学の学生だったジル・フレミングは森の中で頭のないカエルに遭遇しました。カエルに何が起こったかはわかりませんでしたが、カエルは自身に起こった出来事をさほど気にしていませんでした

-カエルの頭を奪った何者かは、その脳幹を無傷で残しており、それが体の様々な反射を引き起こしていました

-保護してチューブからの栄養を与えれば、カエルは生きたかもしれません。とある鶏に起こった出来事がまさにそれでした

-蛇の頭は体を失っても、最大1時間は反射作用を持続させ、相手を噛むことができます。生きた蛇は毒の一部を注入するだけですが、この場合の蛇はモテる毒をすべて相手に注ぎ込みます

-日本で「踊り丼」「踊り食い」として供されるイカの足は醤油のナトリウムによって反応を起こし、客の目の前で踊り始めます

-不死身のクラゲはプラヌラとして生まれ、やがてポリプとなり、海底へ定着します。このコロニーが育つことによって、やがて大人のクラゲが生まれるんです

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です