1800年代の人の寒い冬のサバイバル方法10選

昔はどうやって冬を生き延びていたんでしょうか?現代であれば、外が寒い時は暖かいヒーターがありますよね。19世紀には、暖かくいるためにもう少し努力が必要でした。当時の人はたくさんの個性的で変わった方法を使っていたんです。

タイムスタンプ:

手に集中する 0:55

ベッドを暖かく 2:19
異常な量の重ね着 3:19
台所にいる 4:26
狭い住居 5:24
パブで夜を過ごす 6:01
賢くデザインされた家のインテリア 6:46
フットウォーマー 8:21
毛皮を着る 9:13
家に暖炉 10:13

プレビューの写真出典:

クリスマスディナーのためのローストブタと食事を待つ家族(Family waiting for roast pig and a pot of food cooking for Christmas dinner): AKG Images/North Wind Picture Archive/EAST NEWS,https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/64965974/i/0/t/0

アニメーションはブライトサイド製作。

概要:

– 多くの人がマフと呼ばれる小さな小物を身につけて、手を暖かく保っていました。形は円柱形で、大きなモコモコで手全体を包みます。

– ベッドで暖かくいるために、暖かい石炭を入れた堅いセラミックや金属の入れ物をベッドに置いていました。

– 多くの人は、1,2枚の長いももひき、肌着、レギンスなどをチョイス。女性の中には、経済的に可能であれば、複数のペチコートやスリップを着ている人もいました。

– 1800年代には、台所は家で一番暖かい場所でもあったんです。寒い日に集まる場所にはピッタリ。

– 1800年代、裕福でもない限り、一般市民は狭い住居に住んでいました。ワンルームしかないことも!特に子どもが3人以上いるような家族では、これにはかなり困難なこともあるとは思いますが、実は冬には結構便利!

– 19世紀には、パブに行く特別な理由は必要ありません。酒場やパブは火で暖まっており、人がいっぱいいます。つまり、心地よくて暖かいということ!

– 1700年代中期、ウィングチェアーは家で使われはじめ、1800年代に入っても使用されていました。

– 手もそうですが、冷たい足も凍るような寒さでは背筋まで凍えさせますよね。1800年代の人達は、足を暖かくしておくために、フットウォーマーを使っていました。

– 1800年代、毛皮業界は大盛況。毛皮を着ることはステータスの証でもあり、金持ちは外に出る際に毛皮を身につけることを好んでいました。

– 19世紀には、家を暖かく保つということに関しては、暖炉はかなり重要でした。炎は、家の暖かさを保証してくれるもののひとつです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です