靴に重大なダメージを与えてしまう6種の靴

あなたの足に合わない靴とはどんなものでしょうか?人が1年間に歩く距離というのは240〜290kmになると言います。だからこそ完璧に合う靴を見つけないとそれは逆に負担になってしまうのです。ファッション性を併せ持ちかっこい。それでいて健康的なものこそ完璧と言えるでしょう!今回紹介する6種類の靴はあなたの足、ひいては体全体に害を及ぼす可能性のある靴です!

タイムスタンプ:
ハイヒール 0:34

プラットフォーム 2:11

ビーチサンダル 3:03

フラットシューズ 4:13

ポインテッドシューズ 5:18

ランニングシューズ 6:32

快適な靴の選び方 7:20

概要:
-長期的にハイヒールを履いている場合、驚いたことに、ふくらはぎの筋肉が13%も短くなるというのです!ハイヒールが捻挫、足の巻き爪、神経損傷、腰痛の原因となるのは医療現場では周知の事実です。

-プラットフォームは柔軟性がなく、中敷もまた非常に硬いものです。結果、足は歩行時必要なだけ曲げることもできず、ひどく不自然な歩き方になってしまうのです。

-ビーチサンダルは足をしっかり支え切れていないので、足首と膝のアライメントが崩れてしまうのです。

-フラットシューズはあなたの足の裏を支えられていないのです。つまり、足底筋膜に余計な圧力がかかるということを意味します。

-ポインテッドシューズの問題は、足を非常にきつく締め付けるということ。この締め付けで引き起こされる症状には、神経痛、水膨れ、腱膜瘤などがあります。

-ランニングシューズはエクササイズなどには最適ですが、日常的に使用するには不向きです。にわかには信じられないかもしれませんが、実はランニングシューズのしなやかさと柔らかさは、長い目で見ると害になってしまうのです。

-靴を買うなら午後にしましょう。そのくらいの時間には、あなたの足は何時間も使われたことで自然と少しむくんでいるはずです。

-定期的に足を測るようにしてください。小児外科医の医師は、人の足は時が経てばそれだけ足は大きく変化していくと話しています。

-理想の靴というのはバランスが大事なのです。柔軟性を十分持ちながらも、硬さや安定性を併せ持つべきでしょう。

-靴の中にタグや縫い目など不快に感じるものがないか、内側もしっかり調べましょう。何も問題がないのであれば、ようやく靴に自分の足を預ける時間です!

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です