シンガポールがわずか数十年で豊かになった理由とは?

みなさんはシンガポールについて何を知っていますか?この場所は、今ある3つの都市国家のうちの一つ。東南アジアに63もの小さな島があり、世界で最も進歩的な国なのです。

シンガポールは天然資源を持っていないので淡水から砂まですべて輸入していますが、だからと言って国が全体的に貧困ではありません。むしろ、人口の17%以上、言い換えれば、シンガポール居住者の6人に1人の資産は100万ドルを超えています。これは、およそ1億円。他の国と比較しても、億万長者が揃った国なのです!同時にシンガポールはアジアで最も腐敗のない国。今回は、シンガポールの成功の裏に隠された、信じられない物語を紹介していきます!

関連ビデオ:

海外旅行者にとって危険な10の有名都市 https://youtu.be/B21OxTG5yYU

世界の国々の魅力 https://youtu.be/WKWmgO6kryY

世界の意外な食のエチケット10 https://youtu.be/MjCbfFuwEqw

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:

今のシンガポール 0:26

1960年代のシンガポール 2:00
最も大きな問題 2:42
住宅問題をどのようにして解決したのか 3:43
経済成長 5:45
最近のシンガポールについて 6:16
「スマート環境」プロジェクト 7:30
シンガポール国立競技場  8:34
マリーナベイ・サンズ 9:09

プレビュー画像引用元: シンガポール 10月4日:シンガポール・チャイナタウンの街中、2014年の10月4日に撮影。都市国家の華人は1820年ごろにチャイナタウンに住み始めた: ChaiwatNK/Shutterstock.comより、https://www.shutterstock.com/ru/image-photo/singapore-oct-4-street-scene-singapores-283126607

アニメーションはブライトサイドにより作成されています。

概要:

―1960年代、シンガポールは臭いスラム街が多く多数の暴力団によって支配されていました。弱い法制度、教育を受けていない人々、激しい堕落、そして低い給料が当たり前だったんです。

―1970年代に入るころには、この国は着実に経済成長し、安定し始めました。そこから数十年のうち、貧しい島国は自信をもって繁栄に向かって動き始めたのです。

―今だと、シンガポールには効率の良い税制と年金制度があります。住民とその雇用主は、収入の一部を透明性のある口座に振り替えるので、いつでも追跡や管理ができます。

―1961年に起こったある火事により400,000㎡もの領域が燃え、16,000人の住民の家が無くなったんです。でも、家を失ったすべての人々は1年以内に新しい住居を見つける事ができました。

―2016年には90%のシンガポール人が自分の家を持っているという結果が出ています。 さらに、これらの住宅の80%は州によって建てられた住宅地にあるのです。

―シンガポールの1人あたりのGDPにも変化があり、1965年には500ドルだったものが、1991年には14,500ドルと急上昇しました。わずか26年間で2,800%も上がったんですよ!

―シンガポール港は世界で2番目に大きいと言われています。なんと123ヶ国、600もの他の港と繋がっているんです。

―巨大な交通機関の中心である事に加えて、シンガポールはスマートシティだと言われています。なんと90%以上の住人がスマートフォンを持っているんです。

―この小さな都市国家には世界中から100万人の観光客をひきつける驚異的な数の観光スポットやエンターテインメントも収容しています。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です