元不眠症の科学者に学ぶより良い睡眠のためのテクニック

不眠症を解消するにはどうしたら良いでしょうか?4時なのにまだ寝れないという感覚に身に覚えがありますか?そしたらあなたもお仲間!なんと、実におよそ人口の15%の人が不眠症に悩んでいるんです。しかし、健康でいたいなら、毎日約8時間の睡眠が必要です。

不眠症は解消することが可能です!敵を負かすには、相手を知らなくてはいけません。だから、私を夜中に苦しめて、日中アクティブで生産的に過ごすことを妨げる怪物に関して、もっと調べてみたんです。不眠症の原因を調べて、それを解消する効果的な方法を見つけました。最後まで動画をご覧ください。完全に不眠症とおさらばして、毎晩ステキな夢を見れるようにしましょう。

タイムスタンプ:

不眠症ってどうやって起こるの? 0:29

不眠症は危険か 3:10

薬は本当に効くか? 4:49

薬に頼らない方法

完璧な睡眠環境を整える 6:20

睡眠スケジュールを決めてそれを守る 6:56

運動する 7:21

食生活に気を付ける 7:45

スマホをそばに置かない 8:33

睡眠日記をつける 9:08

昼寝をしない 9:46

概要:

-最も一般的な慢性的な不眠症の原因は、不安症、ストレス、鬱です。怒りや悲しみなどの、日中感じる強い感情もこの問題に影響します。

– 特定の病気や医療問題によっても、不眠症が引き起こされることがあります。喘息、アレルギー、パーキンソン病、胃酸の逆流、腎臓病、慢性的な痛みによっても、夜寝れなくなる人はたくさんいます。

– 睡眠障害の原因になる薬も多数存在します。抗うつ薬、甲状腺ホルモン、高血圧の薬、一部の避妊薬、一部の一般的な風邪やインフルの薬、痛み止め、ダイエットサプリなどです。

-不眠症が不安症やうつを引き起こしたり、すでにそのような症状に苦しんでいる場合悪化させたりすることがあります。また、循環器疾患や肥満も、不眠症の影響で起こりえます。

– メラトニン、ジフェンヒドラミン、ドキシラミン、バレリアンなどを含む一般的な店頭で買える薬でも、他の薬やアルコールと一緒に摂取すると深刻な健康ダメージがある場合があります。

-寝室は静かで、暗くて、涼しくなくてはいけません。市街地に住んでいる場合は、道から聞こえる騒音を考えてみてください。これにはサウンドマシーンや耳栓が最適です。

-毎日同じ時間に就寝・起床することで、体内時計が楽になります。

– ナショナル・スリープ・ファンデーションでは、あっという間に夢の世界に行くために、運動を推奨しています。

-就寝の2時間前には重い食事を避けるようにしましょう。コーヒーは朝に飲むのがベストです。就寝の6時間前以降にカフェインを取ると、睡眠には悪影響です。

– スマホ、タブレット、パソコンからのブルーライトは、眠気とメラトニンの分泌を減少させます。

– 最後に、日中の昼寝が無害でむしろ役立つと思っていたら、大間違いです。夜中の睡眠に関して言えば、状況を悪くさせるだけです。昼寝なしではやっていけないというのであれば、3時前まで、最大30分の昼寝に留めてください。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です