人間ってちっぽけ?海の動物大きさ比べ

海で一番大きな生き物は何?海には一体どんな生き物が住んでいるんでしょう?海はその95%が未調査。私たちは想像力を働かせることしかできませんね。でも、勇敢な探検家や深海カメラ、考古学者たちの活躍によって、いろいろな生き物の姿が明らかになっています。3mのクモガニの仲間たちから20mのメガロドンまで、海の生き物は多種多様です!

ライオンタテガミクラゲの体長はご存知ですか?長い触手を何本ももつこの動物にはきっと驚かされることでしょう!

タイムスタンプ:

オオメコビトザメ 0:57

ジンベイザメ 1:46

メガロドン 2:40

ショニサウルス 4:03

オフタルモサウルス 4:43

リオプレロドン 5:13

イクチオサウルス 5:55

シャチ 6:33

イッカク 6:50

シロナガスクジラ 7:21

ライオンタテガミクラゲ 8:25

カツオノエボシ 9:06

概要:

-ナショナルジオグラフィックによれば、オオメコビトザメの体長はたったの20cm

-ジンベエザメは世界最大の魚類。大人のジンベエザメはバス1台分の大きさに成長します

-かつて海に生きていたメガロドン。1590万年前〜260万年前、中新世から鮮新世にかけて生息していました。その体長は18m、顎の幅は1.8mにまで成長しました

-ショニサウルスは2億150万年前、三畳紀に生きた海棲爬虫類。その体長は15m、体重は30トンでした

-オフタルモサウルスはジュラ紀に繁栄を極め、世界中の海に住んでいました。その体重は3トン、体長は5mでした

-ジュラ紀に生きていたまた別の海棲爬虫類の名前はリオプレウロドン。攻撃的な性格で、肉食。体重は2トン、体長は9mでした

-イクチオサウルスは体長たったの1.8m。ちょっと背の高い人間と同じ大きさでした

-シャチは歯を持ったクジラの仲間。体長はバスより一回り小さく、7m〜10m

-現在生息している最大のクジラはシロナガスクジラ。バスの隣に置いてみると、飲み込んでしまえるくらいの大きさであることがわかります

-カツオノエボシは触手まで含めると、その長さが50mにまで達します。もっとも、この生き物は群体で、それぞれの個体は小さいものとなります

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ  さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です