アメリカ人が諸外国の人々を戸惑わせること10選

アメリカ人が海外のいくつかの厄介な状況を避けるためにどうすればいいのでしょう? 米国には外国人に非常に困惑される習慣があります。 旅に出る前に、どの習慣をアメリカに残していけばいいのでしょうか?アメリカ人が諸外国の人々を戸惑わせることのリストをチェックしてください。

タイムスタンプ:
メートル法の不使用 0:55

レストランでの特別注文 2:40
有給休暇時間 3:21
持ち帰りボックスを持ってきてもらえますか? 5:02
チップシステム 6:40
飲酒法 7:17
商品の多様性 8:03
親指を立てるしぐさ 9:23
極端に強い愛国心 10:24
消費税 11:20

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:
– 世界の他の諸国は、測定のためのメートル、重量のためのキログラム、量のためのリットル、温度のための摂氏で1貫しています。 しかし、アメリカでは違います! 現在ミャンマー、リベリア、アメリカの3カ国のみがヤードポンド法を未だに使用しています。

– アメリカでは、メニュー注文の際、代替、追加、または変更を要求するのが普通です。 しかし、料理を大切にしている外国の文化の中には、アメリカ人が代替えをしたり、別のソースを注文したり、料理に特定の材料に入れないように頼んだりすることを、失礼だと思うかもしれません。

– アメリカ人は世界の他の国々と比べて有給休暇期間がとても短いです。 アメリカ人労働者の有給休暇は30%が毎年5〜9日、38%が10〜14日、16%が15〜19日です。 更に8%は5日未満、幸運な2%は24日以上あります。 これは、大多数のアメリカ人が10〜14日間の有給休暇しか持たないことを意味します。 米国では、休暇が必須であるという法律がないため、4人のアメリカ人のうちの1人は年間で1日も休暇を取ることはありません。

– アメリカの習慣では一般的に、残り物を持ち帰りボックスで持って帰ります。 しかし、外国でこれを行うと、顰蹙を買うかもしれません。

– アメリカでは、ウェイターが少ない賃金を稼ぐことを前提にしていて、15%〜20%のチップを残すのが通例です。 ヨーロッパおよびほとんどのアジア諸国では、飲食店のサービス料はすでに請求書に含まれています。 中国や日本ではもちろん、チップは事実上存在しません。

– 世界のほとんどの国は法律上18歳か19歳以上を飲酒年齢としています。 アメリカはスリランカ、サモア、クウェートなどの国々とともに、合法的な飲酒年齢を21歳としています。

– 外国人は、アメリカのスーパーや薬局で販売されている品物の多様性に驚かされます。 外国のスーパーマーケットのほとんどは、食糧といくつかの家庭用品を提供するために設計されています。 ウォルマートのようなアメリカのスーパーストアは、食料品、家具、自動車用品、家庭用品の修理工具、衣類などを幅広く提供しています。

– アメリカ人は、誰かに親指を立てるしぐさのことを世界中で”うまくやった!” とか “絶好調です!” のような肯定的な意味があると考えているかもしれません。 ですが、オーストラリア、ギリシャ、または中東などではこのジェスチャーに“うせろ”という意味がありますので使ってはいけません。アメリカではあなたは何かを指指しても大丈夫だと思うかもしれませんが、中国ではそうではありません! そのジェスチャーは非常に失礼であると考えられています。

– 多くの国々では公式な政府の建物で国旗で使用することを控えめにしています。 しかし、米国ではどこにでも国旗があがっています。

– 米国を訪れるほとんどの外国人を困惑させるのは、消費税です。 彼らはレジに商品を持って行った時に初めて、表示してある価格以上の費用がかかるのに気が付き、困惑するかもしれません。 ヨーロッパでは、価格のタグに表示されている価格には既に消費税が加算されています。 米国では、レジで会計する際に追加されます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です