子供が賢くなる11の育て方

人にアドバイスすると、「君、賢いね」なんて言われる事はありますか?周りの人よりも自分の方がずっと賢いと思う事は?もしかしたら、あなたは本当に周囲よりも優れているのかもしれません。

いくつかの質問に答えてみてください。子供の頃、たくさんの魚を食べましたか?ある研究では、脂肪酸を多く摂取した子供たちは様々なテストに合格し、高いIQを達成したと示しています!もしくはジャグリングを習得したなんて事は?違う研究によると、ジャグリングの運動能力で脳の視覚性注意をつかさどる部分の灰白質が3%増えるという事が証明されていますよ。外国語を勉強したという人もいますよね?そのような人はもしかしたら天才で、親が賢い子に育ててくれたのかもしれませんね!

関連ビデオ:

子どもに禁じてはいけない9つのこと https://youtu.be/nvDPkTZtm70

親が子供にしてはいけない10のこと https://youtu.be/Jnztb72Ai5A

子供に与えるのを今すぐやめたい18の危険な食べ物 https://youtu.be/Ow6Fxg1at5s

音楽: Epidemic Soundより https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:

本をたくさん読んだ 0:42

たくさん喋った 1:45

周囲の騒音にさらされずに育った 2:40

創造性を育くまれた  3:19

外国語を勉強した 3:59

ジャグリングを習得した 4:40

魚油が豊富な食事を摂った 5:18

好奇心を刺激された 6:00

親があまりしつこくなかった 6:50

遊ぶことが許されていて、むしろ促された 7:49

親に信じられ、適度に褒められて育った 9:27

#賢い人 #賢くなる #高いIQ

概要:

―幼児の語彙は、人生の最初の数年間で聞いた単語の数に比例する。つまり、本を読めば読むほど子供の語彙が増え、語学力も向上するという事。

―積極的なコミュニケーションは、子どもの感情面の発達の基盤になり、言語スキルを磨くのにも役立つ。小さい頃から親といろんな話をした人や、「はい、いいえ」の回答以外の質問にたくさん答えた記憶がある人は、間違いなく賢く育てられている。

―たいしたことないと思うかもしれないけど、ちょっとした周囲の騒音、例えばテレビの音声などが常に流れていると、子供は知覚する必要のある音と、不要な音の区別ができなくなる。

―なにかしらの楽器を学んだ子供は、音楽以外の分野でのスキルも身に付く。例えば、音楽を学ぶと記憶力が向上する。

―言語学者のトーマス・クーパー博士は、幼い頃に外国語を2年間勉強すると、標準テストの得点に影響を与えると言っている。実際のところ、言語を学ぶ期間が長ければ長いほど点数が良いとの事。

―親が子供の好奇心を刺激すると、科学や問題解決への関心が高まる。

―子供を賢く育てようとあまりにも一生懸命になると、失敗する。子供がしたくない事を無理にやらせても、むしろ嫌いになるでしょう。

―ビデオゲーム健康的な脳の発達に有益!ゲームによっては計画性や問題解決が必要で、キャラクターをカスタマイズするので創造的に自己表現するのにも役立つ。

―高いハードルを設定されずに励まされて育った人や、平均的な成績であっても誇りに思われていたようであれば、それは賢く育てられた証。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です