6ヶ月間、手を洗わなかったらどうなる?

手洗いを辞めたら、どうなると思いますか? 6ヶ月間、手を洗わなかったとしましょう。どのような不快な結末になるのか想像もつきませんよね?実際のところ、想像を超えた厳しい現実が待ち受けています。例えば、排泄物が食べ物に混じる可能性があります!手洗いをやめた瞬間、食べ物が汚染される可能性も高くなるのです。アメリカ疾病管理予防センターによると、排泄物に入っている細菌のせいで、すぐに酷い病気になってしまうでしょう。 ちなみにトイレ後に手を洗う人は、世界中のたった19%の人々だけだそう!この統計は、今すぐ改善するべきですよね?

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:

食中毒に苦しむことになる 1:02

目が絶えず感染する 1:35

周りの人を感染させる 2:12

排泄物が食べ物に混じる可能性がある 3:02

免疫力が低下し、風邪を引きやすくなる  3:42

A型肝炎に感染する可能性がある  4:40

エプスタイン・バール・ウイルスに感染する可能性がある 5:28 

しばしば下痢になる 6:52

手が臭く汚なくなる 7:40

正しい手洗いの仕方 8:56

#健康的になろう #下痢 #免疫力

概要:

―料理前や、食事前の手洗いをやめると、数日後には食中毒になってしまうでしょう。

―手洗いを辞めて数日後には、目が痒くなり始める。これは非常に不快な目の感染症の一つであり、「はやり目」とも呼ばれる流行性角膜炎。

―手を洗わないと、1週間も経たずに呼吸器疾患をうつしてしまうでしょう。例えば、インフルエンザや風邪、そして感染性胃腸炎など。

―細菌だらけのペンを触って、その直後に顔に触れてしまうと、あっという間に感染する事がある。このような危険から身を守る最適な方法は、徹底的かつ定期的に手を洗う事。

―ある日突然、尿の色が異常に濃くなり、肌がわずかに黄みを帯び、更に、嘔吐や吐き気に苦しむ事でしょう。これらはA型肝炎と呼ばれる深刻な病気の症状。

―手洗い事をやめると、排泄物だけではなく唾液や尿なども食べ物に混じってしまう。これらの物質は赤ちゃんや免疫力が低い人が深刻な神経食害を引き起こす可能性のあるサイトメガロウイルス、深刻な腸の炎症を引き起こす腸チフス、エプスタイン・バール・ウイルスを持っている。

―重要な衛生管理を無視すると、手がサルモネラ菌やノロウィルス、そして大腸菌の供給源になってしまう。これらの細菌はすべて、下痢などを引き起こす。

―手洗いを辞めると、汚れが蓄積して爪の下にも溜まってしまうので、かなりぞっとした見た目になる。残った化粧品や、ちょっとした油なども爪の下に溜まっていくでしょう。

―専門家は、固形石鹸は表面に細菌が付いているので液体石鹸の使用を推奨している。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です