ハグで人を不快にするかもしれない5つの理由

ハグは気分を良くしてくれるだけでなく、こころと体にポジティブな影響があると考えられています。この現象は、長きにわたって研究され、科学者によっても証明されているんですよ。我々の多くは、一日中ハグを振りまくことに問題を感じませんが、そうすることを結構気まずく感じる人もいるんです。そもそも触れること自体を嫌がります。
でもなんでハグが嫌いな人がいるんでしょう?このような人を見抜いて、温かいハグで怖がらせないようにするにはどうしたらよいでしょう?信じられないかもしれませんが、理由は思っているより根深いかもしれません。

タイムスタンプ:

育ちの問題 1:41

社交不安 2:51

未発達の神経 3:38

自尊心問題 4:26

文化の違い 4:53

ハグ嫌いの見つけ方 5:51

#ハグ #自尊心 #社交不安

概要:
-人に触れたり、ハグしたりという行為が嫌いな人の理由のひとつは、成長過程でそのような環境にいなかった、という事実があります。
– 子供時代のトラウマの問題もあります。ハグは無害な行為に見えますが、これによって衝撃の反応を受けたり、子供時代のトラウマを持つ人にとってかなりの害を及ぼしたりします。
-迷走神経は、脊髄と腹部の間にある神経の集まりです。この神経が未発達である場合、思いやりを持ったり他人と親密になったりする能力が変容します。
-自分に自信がない人は、人に触れたり、ハグしたりすることを難しく感じます。自尊心が欠けていることは、社交不安や他の恐怖症の元となる原因であるかもしれないんです。
-異なる文化の人達は、親密になるということに関して違う感じ方をします。面白事実。アメリカ人やイギリス人は、プエルトリコ人やフランス人と比べると、ハグをしたり、触れたりすることが多い傾向にあります。
-相手がすぐさま手を出して、抱擁ではなく握手をしようとする。これはハグを避ける良い方法です。とても礼儀正しく、社交的な集まりでも受け入れられていますよね。
-ハグをしようとしたら顔をしかめる。これは、相手が不快に感じている明確なサインです。挨拶するときに気まずそうな表情を見せたら、大きなハグで相手のスペースを侵さないほうがよさそうです。

Music:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です