体が脂質を必要としている9つのサイン

脂肪は健康に良いの?悪いの?ちょっとした健康問題は無視しがちですが、それらの小さな問題は、実は、何かの最初の兆候かもしれません。例えば、脂質をもっと摂取すべき!という警告サインなど。脂質全てが健康に有害で、肥満に繋がる訳ではありません。実は、体に必要な健康に良い脂質もあるのです!肌、心臓、脳、目、髪の毛など様々な重要な器官の健康を保ってくれますよ。 おかしなアドバイスに聞こえるかもしれませんが、良質な脂質をより多く取ることで、なかなか落ちない余分な体重を減らすことができるのです。米国糖尿病学会の研究によると、一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれた食事療法は、お腹周りの脂肪を取り除くのに効果的だという事が分かりました!

音楽:

Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:

不飽和脂肪酸 1:23

飽和脂肪酸 2:43

人工のトランス脂肪酸 3:35

健康的な脂肪が不足している時の警告サイン 4:34

いつもお腹が空いている  4:50

肌の乾燥やくすみ  5:15

冷え性 5:42

脳が疲れやすい 6:05

体重がなかなか減らない6:38

視力の問題 7:25

消化器系の問題 8:03

ビタミン欠乏症 8:34

関節痛  9:05

良い脂質が体に与える効果 9:45

健康な脂質を取り入れる方法 10:46

#トランス脂肪酸 #余分な体重 #健康的な食生活

概要:

― 一価不飽和脂肪酸は、オリーブオイル、アーモンド、カシューナッツ、アボカドなどに含まれている。多価不飽和脂肪はオメガ3脂肪酸を含有する食品は、例えばマグロ、アンチョビ、サーモン、イワシなどの魚介類がある。

―飽和脂肪酸は、「健康な」な脂質とは言えない。トランス脂肪酸ほど危ないものではないが、あまりにも大量に摂取すると、血中コレステロール値が上がり、結果、心臓に悪影響を及ぼす。

―トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール値を劇的に上げ、同時に善玉コレステロール値を下げる。結果、深刻な心疾患に繋がる。

―登録栄養士でもあるフェレシア・ストーラー博士によると、脂質は体に満腹感を与えるとのこと。食べたのに空腹を感じるという事は、良質な脂質が足りていないサイン。

―肌がパサパサで痒く、乾燥しているのなら、脂質不足の可能性がある。脂肪酸を十分に摂取しないと、皮膚炎を発症する事がある。

―いつも寒気を感じている人は、もしかしたら脂肪が足りていないのかもしれない。体の脂肪細胞は、体を暖かく保ち熱を発生する役割を持っている。

―集中できない、記憶力が悪い、一日中脳に疲労を感じるなどという場合は、脂質の量を増やそう。

―オメガ3脂肪酸は、アメリカにおける高齢者の主な視力喪失の原因でもある黄斑変性症と闘うのに役立つ。

―消化器系の健康を保つことがとても重要。食物繊維と脂質が豊富な食事は、腸内環境をより健康的に保つ。

―どんなにビタミンのサプリを摂っても、ビタミン不足に悩まされるのには、ちゃんとした理由がある。ビタミンA、D、E、Kなどのビタミンは脂溶性。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です