1年間、外に出るのをやめるとどうなるか?

外に出るのをやめるとどうなるのでしょうか?人間は、生物学上、狭苦しいところに閉じ込められるようにはできていません。人々は太陽の光を浴び、自然に触れ、脚を伸ばす必要があります。ですから、もしも一年間家に閉じこもりっきりになったり、家が好き過ぎて1分たりとも家から離れたくなければ、きっと劇的な変化を経験することになるでしょう。

まず、 心の健康に大打撃が与えられます。一年間屋内にこもっていると、以前好きだったことに興味を失い、活気がなく、日常的に落ち込むことになります。

ビタミンD不足で苦しむ 1:23

体重が増える 4:03

心の健康に大打撃を与える 5:29

自然からの恩恵を逃す 7:33

睡眠サイクルが狂う 8:50

#ビタミンD欠乏症 #体重の増加 #散歩

SUMMARY:

-屋内に長く居過ぎる人は誰でも、ビタミンDが欠乏し、それが骨折などの骨を弱くするリスクとなり、筋肉痛を招き、感染症に対する抵抗力が弱まり、抜け毛をも引き起こします。

-毎日仕事に出かけるのはなかなかきついことかもしれませんが、良い面は、家の中で簡単に、冷蔵庫にある美味しい食べ物に手が届かない、ということです。

-1年間屋内にこもっていると、1年中、季節性情動障害(SAD)の症状を感じるかもしれません。以前好きだったことに興味を失い、活気がなく、ほぼ毎日落ち込んでしまうでしょう。

-社会不安にも悩まされるかもしれません。1年間家の中で1人で過ごしていると、後で、人と交流することや、自分が社会の一員だと感じることが難しくなるかもしれません。

-多くの研究が、自然に触れることが心の健康を改善することを明らかにしています。1年間1歩も家の外に出なかったら、情緒の安定、不安の減少、記憶力の向上などを含む、自然からの恩恵を逃してしまうことになります。

– 屋内に閉じこもっていても、家の中をいろいろな観葉植物でいっぱいにすればいいんじゃないの、と考えるかもしれませんが、そうではないのです。都会の環境に囲まれているなら、自然の恩恵を得ることはありません。

– 毎日決まった時間に起きる理由がなく、ずっと家にいて、特に寝る時間を決めずに生活していると、体内時計の調子が狂い、あなた自身もそうなります。

– 規則的な睡眠サイクル、定期的な人との交流、家での適切な運動、そしてビタミンDを豊富に含む食べ物を摂ることで、健康に害を与えず、自宅でうまくやり通すことは可能です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です