飛行機のエンジンに鳥が突っ込んだらどうなる?

飛行機は怖い?それとも飛行機大好き?どちらの皆さんも、いろんな疑問が浮かんだことがあるんじゃないでしょうか?飛行機のエンジンに鳥が突っ込んだらどうなる?乱気流って、避けて飛ぶことはできないの?などなど!

パイロットが飛行中に仮眠を取ることはご存知でしたか?これはすべての国で行われているわけではありませんが、イギリスでは仮眠が許可されています。一方、アメリカ合衆国ではパイロットの仮眠は法律で禁止されています。

タイムスタンプ:

1.飛行機のエンジンに鳥が突っ込んだらどうなる? 0:52

2.飛行機が高度を上げすぎるとどうなる? 3:22

3.パイロットが居眠りしたらどうなる? 4:18

4.乱気流って避けたりはできないの? 5:03

5.どうして旅客機は着陸・離陸前に客室のライトを消すの? 6:21

概要:

-不運な鳥がエンジンに吸い込まれてしまうと、吸い込んだエンジンは停止します。ほとんどの航空機にはエンジンが2基、多くて4基のエンジンが搭載されているため、飛行能力が奪われることはありません

-飛行機の巡行高度はおよそ10km。飛行機はそこからさらに高い高度を飛ぶことが可能です

-飛行機が上昇するにつれ、周囲の空気は薄くなるため、揚力を得ることができなくなってしまいます

-長距離飛行に臨む飛行機にはパイロットが2名搭乗します

-日の入りや夜間、早朝のフライトに搭乗したことがあれば、客室の照明が落とされる場面に出会ったことがあるはず。これは安全のために行われる措置なんです

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です