うそつきを見抜く簡単な方法11選

心理学者によれば、人が受け取る90%の情報は、非言語コミュニケーションなんだそうです。我々は、無意識のうちに話し手の体の位置やジェスチャーを読み、音声などから気分を想像し、相手が本当のことを言っているかどうかを理解します。
例えば、唇を舐めたり噛んだりするのは誰かがうそをついている証拠だって知ってました?うそつきは口がカラカラになって、だんだん話すのが難しくなってくるからなんです。アメリカの警察では、口の上の方にコットンが詰まっているような不快な感覚から、この口の渇きを「コットン・マウス」と呼んでいます。面白いでしょ?ミスター・ボディーランゲージことアラン・ピーズとリリアン・グラス教授、またその他の専門家が、このトピックにおいてどのような見解を持っているのか見ていきましょう。

タイムスタンプ:

目を大きく開く 0:59

体と頭の位置を変える 2:19

唇を噛んだり舐めたりする 4:01

自分の動きを制限する 4:57

人差し指で人をさす 5:43

横に頭をかしげる 6:35

襟をなおしたり首をかいたりする 7:19

体の最も弱い部位を隠す 8:03

堅いものにすがりつく8:39

髪で遊んだり、手もみをしたりする 9:25

少し体をそむける 9:54

ボーナス:電話越しにウソつきを見極める方法 10:36

#うそつきを見抜く方法 #ボディーランゲージ #嘘

概要:
-目の筋肉が緊張しているかどうかで、相手の人がうそを言っているのかどうかが、すぐわかります。これは、目をそらしたくないと思っているときに起こるのです。この理由から、うそつきは目をむいているように見えるんです。
-何かを言う時に急に背中をのばしたり、肩をあげたりしたら、これは自分の言葉に確信が持てていない、という合図かもしれません。肩の緊張は、自分自身のうそに「あっけにとられている」証です。
-唇の端や舌の横の乾いた粘膜もうそつきであることを示します。右左に口を動かしたり、噛んだりすることは、不誠実さを表わします。
-相手が緊張しているかは手を見ればわかります。手がせわしなく動き、小さい物体で緊張しているかのように遊んでいたら、その人が不快に感じている証拠です。
-うそつきは、立場を逆転させて、正直者をうそつきで、非難する悪い人に仕立て上げようとします。
-不快な質問に対して、答えを見つけるための時間稼ぎで、対談者への興味を模倣することが人にはあります。この頭の動きは、自分の意図を隠すのに最適。
-首は体の中でもあまり保護されていない部分です。危険を察知すると、人は襟をひっぱります。きつくて呼吸がしづらい場合は特にそうする傾向にあります。
-ボディーランゲージの専門家であるジョー・ナヴァロ氏によれば、胸、お腹、プライベートな部分は、不安を感じたときに人が隠そうとする体の場所です。
-うそつきは、壁、テーブル、いす、その他の堅いものに、もたれかかったり、すがりついたりします。そうすることにより、自分が安全な場所を確保できたように感じることができるからです。
-髪をなおそうとしたり、ありもしない目尻の化粧崩れをなおそうとしたり、指に髪の毛を絡ませたりします。
-話しているときに相手の顔を直接見ていないとしても、隠すことがなければその人に体を向けますよね。
-ウソつきは、言葉を飲み込んで、かすれ声で話します。荒っぽいほど人は信じやすくなるんです。嘘をつこうとする人は、意識的、または無意識的に、声音を低くすることができます。

Music:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です