もしも1年間歯を磨かなかったら?

1年間歯を磨かなかったらどうなるでしょうか?歯が抜けてしまうのでしょうか。それとも大丈夫でしょうか。実は、歯を1年間磨かなくても、1年後輝くような白い歯になる方法があるんです。他の方法で歯のお手入れをすればいいのです。例えば、特定の食べ物をたべること。りんごはアルカリ性の果物で、歯の着色汚れを落とす素晴らしい食べ物で、さつまいもも歯を白くしてくれます。いちごは歯茎の炎症を防ぐリンゴ酸を含みます。

タイムスタンプ
細菌が口の中に蓄積する 1:04
歯茎にダメージを与える 2:04
息が臭くなる 3:00
歯が脱灰する恐れがある 4:16
歯を磨かなくても1年の終わりには白く輝く歯になれる方法 5:05
マウスウォッシュ 5:17
デンタルフロスはとても効果的 6:20
砂糖を摂らない 7:15
歯を白くする食べ物がある 8:28

音楽:
Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

概要:
- 丸一日歯を磨かないと、食べ物のかすが歯の間にたまり、バクテリアの温床となります。時間がたつと、このバクテリアは舌や歯茎にも広がります。
- 歯を磨かない1年の間には、かなりの確率で歯茎が腫れて、敏感になってしまうでしょう。歯に無数の細菌やプラーク、歯石がたまっていると、歯茎からときどき出血するようになります。
- 1年のうち365日、朝起きた時の匂いになるのです。玉ねぎやコーヒー、タバコの匂いからも逃れられません。歯には食べ物のかすがついていて、そのせいで臭い匂いを引き起こす細菌が生まれるのです。
- カルシウムやリン酸塩といったミネラルはエナメル質を強く保ち、虫歯を防いでくれます。1年後、すべての歯が脱灰して実際に抜けてしまうことはなさそうですが、エナメルと、歯を支える骨はどんどん失われているのです。
- マウスウォッシュを使えば、口臭の心配はありません。あなたの息は一日中ミントみたいにフレッシュな香りのままです。アルコールとクロルヘキシジンの入っているマウスウォッシュは、虫歯を防ぎ、歯周病対策にもなります。
- フロスを使うのは歯磨きよりも大事なのだそう。歯磨きを長い間していないけれどフロスは使っていた場合、歯の間にプラークがたまって歯や歯茎周辺がダメージを受けることはありません。
- 虫歯を防ぐ最もいい方法は、歯を磨くことではなく砂糖やその他の単炭水化物を食べないこと。
- 白く輝く歯になるために歯ブラシやホワイトニング歯磨き粉は必要ありません。ただ、口の中のph値を下げる酸性の食べ物を避け、ph値を上げるアルカリ性の食べ物を多く摂るようにすればいいのです。 
- 歯のお手入れをする上で最も安全なのは、常に歯科業界で推奨されている方法に従うこと。アメリカ歯科医師会によると、歯は一日2回磨くべきだそうです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です