料理家が教える、おいしい野菜とフルーツの選び方11選

最高のフルーツと野菜の選び方は?まだ光沢のあるリンゴを好んでいる人のために、お菓子職人のマリア・トリツカヤが、スーパーで購入できる商品の中から、より良いものを選ぶためのヒントをご紹介。
ブライトサイドのために、マリアが傑作料理のためのおいしくてよいフルーツと野菜を選ぶための注意すべきコツとおすすめをチョイス。動画のボーナスもお見逃しなく!よいアボカドの選び方を伝授!

タイムスタンプ:
1.トマト 0:37
2.スイカ 1:35
3.パプリカ 2:45
4.リンゴ 3:46
5.サクランボ 4:31
6.プラム 5:27
7.キュウリ 6:00
8.バナナ 6:49
9.西洋なし 7:28
10.キウイ 7:59
11.レモン 8:24
ボーナス:アボカド 9:03

#熟れたフルーツ #熟れた野菜 #料理のコツ

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

概要:
-窒素肥料がかかったトマトは、お店で簡単に見分けられます。弾力性があるものの、しっかりしていません。良いトマトは柔らかい手触りです。
-中サイズのスイカを選びましょう。鮮やかで、はっきりとしたストライプ、輝く皮は、熟れていることを表わします。スイカが十分に熟れたとき、地面から水分を吸収するのをやめるので、熟れたスイカのしっぽは乾いているのです。
-パプリカは重ければ重いほどジューシーです。ヘタの部分は緑でしっかりしているものがグッド。オレンジのスポットがないパプリカを選びましょう。これは、害虫被害にあった証です。
– リンゴはしっかりしていて重さがあるものが良いです。輝いているリンゴは、買わないようにしましょう。見た目を良くするために、生産者によってワックスや天然樹脂でコーティングされているからです。
-サクランボは、6月か7月のシーズン中に買いましょう。この時期のサクランボは、栄養価がより高く、おいしくて、価格も下がります。
-プラムを購入する際は、色が均等なものを選んでください。また、割れたものやへこみ、しみ、その他の傷があるものは避けましょう。
-明るい緑色のきゅうりを選びましょう。しっかりした触り心地のはず。もしキュウリが新鮮なら、皮の色が飽和色で、光沢がありません。
-明るい黄色のバナナを探しましょう。皮の上の小さな点は、バナナが熟れていて、食べごろであるという証です。でも、このタイプのバナナは2日以上置いてはいけません。熟れ過ぎてしまいます。
– 熟れた西洋ナシは、はっきりした香りがあり、簡単に特定できます。しっかりしすぎていたり、柔らかすぎたり、皮にダメージやへこみがあってはいけません。
-キウイを選ぶとき、親指と人差し指の間に挟んで押してみてください。熟れたキウイは柔らかく、かつ弾力性があります。
-熟れたレモンは、磨かれたかのように、皮に光沢があります。皮の滑らかさにも注目しましょう。最初に収穫されたレモン、つまりレモンがなる木から最初に集められたものは皮が滑らかです。
-アボカドの皮は少しボコボコしていて、大きなへこみがないものを選びましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です