質の良い睡眠を取り、素晴らしい朝を過ごすための9つのコツ

睡眠障害を改善する方法って?最近、朝に眠気を感じているという人は睡眠を改善する必要があります。睡眠の質が悪いと、疲れが溜まり短気になり、集中力も途切れてしまいます。この状態を続けてしまうと、肥満や2型糖尿病、高血圧、そして心臓病のように深刻な病気を引き起こしてしまう可能性があるんです。この問題を解消するために知っておきたい、あらゆるコツがありますよ。ベッドの上で、睡眠に関係ない事をしてしまうと、睡眠時と同じ空間だからこそ脳がいつ寝るべきなのか判断するのが難しくなるという事は知っていましたか?

音楽:
Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:

日中、消費するものに注意する 1:05

睡眠環境を最適化する 2:15

できるだけ太陽の光を浴びる 3:32

日中に運動をする 4:18

体内時計の通り、行動する 5:08

就寝前にリラックスするルーチンを試す 6:09

 

夜中に目が覚めた時、すぐまた眠る方法を学ぶ 7:39

ベッドは寝るためだけに使う 8:54

ブラジャーは取って寝る 9:32

#質の良い睡眠 #睡眠問題 #睡眠障害

概要:

―カフェインは摂取してから10時間以上経過しても、睡眠に影響を与える可能性がある。コーヒーやお茶だけではなく、チョコレートにも注意する必要がある。

―ハーバード大学医学部の准教授でもあるカレン・カールソン博士によると、静かで暗く、クールな環境が睡眠にとって最適なんだそう。

―起床してから一時間ほどで太陽の光を浴びるのがおすすめなんだそう。窓のある部屋で朝食を食べたり、散歩をしながらコーヒーを飲んでみましょう。

―運動はメラトニンのような自然な睡眠ホルモンの効果を高めると言っています。運動が激しければ激しいほど、睡眠に良い影響を与えるのです。

―毎日の起床時間や就寝時間はなるべく同じにしてみましょう。そう、これは毎日やるのが大切です。週末も含まれている。

―他のコツよりも少し難易度は高いが、瞑想は緊張した体をほぐし、体が眠りに落ちやすい状態にする手助けをしてくれる。

―夜中にトイレに行きたくなった時、少しの間目が覚めるといのは間違いなく正常な事。だが、就寝前の1時間から2時間前に飲料を飲まないようにすると、トイレに行きたくなる頻度も少なくなるのです。

―一見ランダムに見えるかもしれませんが、良い睡眠を取るための最後のコツとしてブラジャーを取るのがおすすめです!ブラジャーは、着用して寝るように作られていないので、付けたまま長時間横になると不快に感じる事があります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です