あまり知られていないマリリン・モンローの事実

20世紀のこの伝説的な女優の人生については、600冊以上の本で紹介されています。女性、歌手、モデル、そして時代を代表するかのじょは、今でも最もにんきのあるハリウッドのアイコンの一つです。多くの人は彼女を、美しくプラチナなブロンドのカールを持つ、白いドレスを着た女性として覚えているでしょう。確かにこのイメージが最も有名ですが…本当の彼女はどうだったのか知りたいですよね?

彼女は子供の時、おてんばだったそう。そんな彼女は1947年に、美人コンテストで「ミス・アーティチョーク」栄冠に輝きました。マリリン・モンローについて、すべての話を聞いたことがあると思っているかもしれませんが、実はもう一つ長年秘密にされてきた事実があります。

音楽
Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ

ロクスベリ―で暮らした理由 1:28
ジョニーについて 2:14
彼がどうなったのか 3:33
マリリン・モンローがジョニーの家族を助けた方法 3:47
他にも明らかになった事実に 4:55
マリリンと牛 7:14
結婚式の後に起こった悲劇 8:17
離婚に至った理由 9:18

#マリリン・モンロー

概要

―彼女の願いというのが、田舎での静かな生活だった。
―ある男の子の家族、がこの町で暮らしていた。他の人と一緒で、収入が足りなく男の子は学校が終わった後にスーパーで働いていた。彼は小さなお店でアルバイトとして営業アシスタントをしていて、マリリン・モンローは常連だった。
―ある日、マリリンがいつものお店に行った時ジョニーがお休みだという事に気が付いた。お店のオーナーによると、昨日ジョニーの母親が急に亡くなった。
―驚く事に、この家族は次の日にお葬式の代金が既に支払われているという事を知った。それだけではなく、葬儀場は花でいっぱいだった。
―ほぼ同じ時期に、彼女は地元の教会の学校に多額の寄付をした。学校に通っているほとんどの人が、貧しい移民の子供達や家族だった。
―マリリンの公共のイメージは彼女の本当の性格とは劇的に異なっている。私たちが彼女について知っているちょっとした情報の欠片も、彼女が一体どのような人だったのか明らかにしていない。マリリンは、彼女の同世代の人が思っていたよりもずっと優しく大らかだった。
―1956年の6月29日、カップルが結婚許可証にサインをした時、その場所はパパラッチの遊び場に変わってしまった。新婚夫婦を追いかけた一台の車は、曲がりくねった田舎の道を早く走ってしまい、運転手は車をコントロールする事ができなかった。結果、車に乗っていたフランス人の記者が死んでしまった。
―彼女の夫は自給自足をする孤独な男性だった。午前中は書斎で仕事をして、午後は家の修理に時間を費やしていた。彼女は、自分が専念できるものというのがあまりなかった。
―マリリン・モンローとアーサー・ミラーの結婚生活は、5年もなかった。この劇作家は離婚してわずか1か月後に、写真家のインゲ・モラスと結婚した。
―マリリンは、そこから19か月後に死を迎える事となった。1962年の8月5日、ロサンゼルスの新しい家で彼女は亡くなった。この素晴らしい女性の人生と同じように、彼女の死は今でも神秘に包まれている。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です