自分が金属アレルギーかを知る方法

アレルギー社会と言われる今の世の中。食べ物に植物、薬品、ペット、挙げればきりがありませんね。アメリカでは1500万人が食物アレルギーを持っているのだとか。珍しいタイプのアレルギーの場合はどうなんでしょう?ジュエリーに使用される金属の多くは、一部の人に発疹を引き起こすこともあるんです。ご自分の金属アレルギーをあらかじめ知る方法はあるんでしょうか?もしアレルギーだったとしたら、その解決法はあるんでしょうか?

Timestamps:
ニッケルアレルギー 1:30
どのに金属にアレルギー反応があるのかを知る方法 2:16
解決法 3:00
ピアスによる耳のかゆみ 3:52
安全な金属を知る方法 5:34
スターリングシルバー 7:02
ニッケルアレルギーの人にも安全な金属は? 7:30
アレルギー反応を予防する他の方法 8:52

Summary:
– 人がアレルギーを持ちやすいとされる金属がニッケル。なんと5〜10%の人がニッケルアレルギーと言われているんです。
– アレルギーを持っている金属でできているネックレスや指輪を装着した後は、そのジュエリーが触れていた肌の部分に赤みや発疹ができていることに気づくことでしょう。
– 発疹には、ロコイドクリームのようなステロイド系の抗炎症薬が効果的です。発疹が治まったら、再びジュエリーをつけて、アレルギーが起こるかどうかを見る判断をすることになります。
-初めてピアスを装着する場合は、ニッケル不使用のものを購入しておくと安心です。

-銅や真鍮は緑色のシミの原因に。危険なものではありませんが、お肌を台無しにしてしまいますよね。
– ニッケルアレルギーを持つ人は、ニッケル不使用のジュエリーを探すようにしましょう。安価なものほどニッケルが使われていることが多いので、使用しないようにします。
– ニッケルや銅を含んでいない金を選ぶためにも、12金以上のものを買うようにしましょう。品質が高ければ高いほど、その割合も小さくなります。
– アルゲンティウムシルバーはアレルギーを引き起こさない銀の一種。汚れにも強いのが特長です。
– プラチナ製のジュエリーが高いのには理由があります。この高品質な金属はアレルギーを起こさず、ニッケルを一切含みません。もちろん、緑青だって発生しませんよ。
-手を洗ったりシャワーを浴びたりする前に、どんなジュエリーも一度外します。せっけんと水が金属を傷つけ、アレルギーを引き起こす素材を露出させてしまうことがあります。
– ジュエリーの傷や汚れを防ぐためにも、定期的にお手入れし、安全で乾燥した場所に保管するようにしましょう.

#金属アレルギー#ニッケルアレルギー #安全な金属
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です