あまり知られていない7つの隠れたプールの危険

泳ぐ時の危険性といえば、溺れることや、野外で遭遇する動物たち…といったところでしょうか。ところが、公共プールにも想像していない危険は潜んでいるんです。

Center for Disease Controlによると、58%の公共プールからはバクテリアや排泄物が見つかっているそう。ですから、公共プールの水を飲み込むことは下痢、吐き気、腹痛などの原因になり得るんです。

タイムテーブル

#1 プールの中の排泄物で病気に0:57

#2 外耳炎の危険性1:35

#3 塩素で喘息を発症2:28
#4 水虫になる3:29
#5 乾性溺水に気を付ける4:19
#6 塩素で髪がダメージを受ける5:17
#7 気分がすぐれないとき、他の人も危険にさらしている。6:29

#スイミングプール #危険なプール #あなたの健康

音楽

Epidemic Soundより https://www.epidemicsound.com/

概要

ープールに行った後、耳に水が残ってしまったらバクテリアの温床に。水泳の後は、耳の中を乾かすのも忘れずに。

ーあのプールの匂いは、塩素が汗、髪の毛、尿、そして体のアカなどに反応して起こるもの。喘息に悩まされている人は、あの匂いが肺を不快にさせてしまう可能性も。

ー水虫の最も広がりやすい場所は、何と言ってもプール、そして公共シャワーと脱衣所。水虫をお持ちの方で水泳をする方は、泳いでいる間に出来る事はありませんが上がったとにできる事はありますよ。

ー溺れてしまった人を助けた後、咳をした後に息をし始めても、必ず病院に行ってください。溺れかけた後でも最悪の事態を防ぐ為にも医師の診断を。

ー塩素はバクテリアを殺すほど強い物質ですから、健康な髪の毛を傷めてしまうものなんです。

ー下痢やお腹の不調が治ったからと行ってすぐに泳ぎに行くのは考えもの。他人に移してしまう可能性がありますよ。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です