自然災害で生き残るための6つのアドバイス

巨大なハリケーンの通り道にはまってしまったことはありますか?山火事に遭遇したことは?では、生き残るためにどんなステップを取ったらいいか理解していると言えますか?そのような状況に置かれたい人はいませんが、もしそうなってしまったら、その場で何をすべきかを考えるのは難しいかもしれません。大丈夫、あなたのために、外せないアドバイスをご用意しました.

アウトドア・ライフ誌のサバイバル専門家のティム・マクウェルチ氏によれば、自然災害の際に最も重要なのは、落ち着いていること。ちょっと恐怖を感じるのは自然なことですが、落ち着いていることで、すぐに決断ができて、誤った動きを避けることができます。

Timestamps:
火山の噴火 1:03
ハリケーン 2:17
洪水 4:07
猛吹雪 5:16
山火事 7:02
竜巻 8:06

SUMMARY:
-火山が噴火した際に、避難するように指示されたら、長そでのシャツ、長そでのズボン、マスク、ゴーグルを出発前に着用しましょう。コンタクトレンズを使用しているなら、置いていく方が無難です。避難する際には山のふもとは避けましょう。溶岩や火山灰が落ちてきます。
– もし逃げ道がないなら、家を要塞に変身させましょう。板で窓をふさぎます。家に近い背の高い木は手入れして、家の上に落ちてこないようにしましょう。
– 水位が急激に上がってきたら、家の屋根に上って助けを求めてください。出来れば、感電死を避けるためブレーカーを落とすようにしましょう。
– 猛吹雪とは、深刻な吹雪です。家にいたら、外には出ないこと。暖かさを保つために家の中のドアを閉めて、窓の隙間にタオルや布切れを詰めましょう。電気が供給されなくなった時のために、緊急時に暖を取るものを用意しておくのもいいですね。
– 森の中にいて火に囲まれていたら、風に従いましょう。風と火が自分に向かって吹いている場合は、火に対して垂直な方向に移動してください。次に火が向かうのはあなたの方向だからです。
-竜巻が起こりやすい場所に住んでいる人は、事前に計画を練っておくことが得策です。こういった場所に住む人は、緊急時に使用が可能な部屋やシェルターが家の近くにあるか確認しておきましょう。一年に一回は家族と共に避難訓練を行いましょう。

#自然災害 #サバイバルのアドバイス #ハリケーン

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です