目を痛める色がある!

色のような何の変哲も無いものが、人の気分を変化させるって不思議ですよね。実は色々ある色のなかには、目の健康に悪い色が存在するんです。

#目に悪い色 #色の意味 #色のシンボル

タイムスタンプ:

1.黒 0:52

2.白 1:46

3.赤 2:45

4.オレンジ 4:33

5.茶色 5:21

6.ピンク 5:57

7.緑 6:50

8.黄色 8:13

9.青 9:37

概要:
-風水によれば、黒は子どもの気分を落ち着かせ、創造力を高める色。オフィスに黒い小物を置くと身の回りの空間に調和が取れるのです。
-白は部屋を広く見せたいときにもってこいの色。でも、殺風景になってしまう色でもあります。
-赤を見ていると名前や仕事をさっぱり忘れてしまうということではありませんが、赤に囲まれていると悪いことばかり思い出すようになります。
-オレンジは熱意や興奮、エネルギーの色。目をひく色でもあり、標識などに使われています。
-安定感を演出したいときは茶色を。
-ピンクは子どもっぽさやロマンス、愛を象徴する色と考える人が多ようです。とはいえ、色合いによっても印象は変わるようです。
-緑を取り入れた家は心の安定をもたらします。人生にポジティブになれる色でもあります。
-黄色は元気が出る色。注意をひく色であるため、こちらも標識で使われています。
-青は心を落ち着かせてくれる色。信頼を演出する色でもあるため、多くの企業が広告に取り入れています。

音楽
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です