ナショナルジオグラフィックが明らかにした14の事実

人はこの世界について多くのことを知っていますね。でも謎はまだまだ残っています。ピラミッドの頂上はどんな形をしているのか?サハラ砂漠は森だったことがある?アボカドが馬を殺す?ペンギンの糞が自然に与える恩恵とは?

これらの疑問に対する答えを出したのがナショナルジオグラフィック。想像もしたことないような、世界の疑問をご紹介しましょう!

タイムスタンプ:

1.ピラミッドの頂上には何があった? 0:54
2.あれ、そのカナリア色が? 1:57
3.バチカンが複製を禁じた特別な歌 2:33
4.海の市松模様 3:27
5.博物館で折れた古代エジプトのマスクのひげ 3:57
6.蘭は悪魔の植物 4:50
7.色のない虹 5:31
8.GPSって無料? 6:05
9.ロシアでは引越しをしなくても住む街が変わる 6:39
10.ペンギンのうんこでサバイバル 7:14
11.アボカドは人間以外にとっては毒 7:51
12.アイスランドは火山の力でパンを焼く 8:35
13.自然のアイスボール 9:13
14.サハラ砂漠は常に暑い砂漠というわけではない 9:54

概要:
-研究者が発見したのがキャップストーン。当時フェニックスは、再生の象徴と考えられていました。
-カナリアの色素は食べるものに応じて色が変わります。
-バチカンには150年間秘密にされてきたある歌が存在するんです…。
-海の市松模様はクロスシーと呼ばれる現象です。
-2014年、エジプト博物館の職員が、ツタンカーメンのマスクを破損する事件が発生しました。試みた解決法がなんと接着剤。古代の遺物にとんでもない修復をしたのです。
-コロンビア原産のこの花には、悪魔の蘭という名前がつけられています。花の中心には角と赤い目を持った顔が浮かびあがっている。
-霧虹は濃霧の日に発生する珍しい現象。
-GPSの維持費は結構な額に。アメリカ政府は24の衛星の維持費として7億5000万ドルの資金を投入している。
-ペンギンの糞は南極大陸にとっては必要なものなんです。
-犬やその他の動物はアボカドを食べると死ぬ場合があります。
-アイスランドの人々は、火山でパンを焼きます!
-自然に作られる氷の球が存在します。その精巧さはまるで人の手によって作られたかのよう。でも実は風の力によって作られるのです。
-ロバート・コーティー氏によれば、サハラ砂漠は6000年前は森だったのだそう。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

荘司哲也

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です