多くの女性が見逃してしまう、危険な病気の7つの症状

女性の深刻な病気を防ぐ方法。糖尿病、そしてがんといった重い病気は、なってしまってから治療するより早期発見・予防ができるといいですよね。自分にとっては普通に思えるけれど、本当は大変なことが起こっているかもしれないと知るにはどうすればいいのでしょうか。実際に、危険な病気が進行しているという分かりやすいサインなのに、多くの女性が無視していることがいくつかあります。病気の兆候なのに私たちが軽く見がちなことのリストを作りました。自分の身体を守り、健康でいるためにしっかり見てください。

頻尿になる 0:38
排尿の回数が増えるのは、腎臓や尿路だけの問題ではない別の病気の兆候であることがあります。それはホルモンバランスの乱れや、膣のpHレベルに何か問題があると考えられる場合もあるのです。いつものどが渇いたり、以前より排尿回数が増えたりするのは糖尿病の症状かも知れません。

理由もなく体重が落ちる 1:39
短期間の間に、急に何キロか体重が落ちたら、小さいサイズのドレスが着られる!と喜んで買い物に行くのはちょっと待ってください。ダイエットもしていないのになぜか体重が落ちるのは、体に問題が起きているという兆候かもしれません。クローン病や2型糖尿病、もしくは癌の可能性さえあるという医学的証拠が多くあります。考慮に入れるべきことはたくさんあります。ですが簡単に言えば、食生活や運動習慣を変えていないのに過去6か月で10%またはそれ以上体重が減ったなら、危険のサインなので医師に相談しましょう。

乳房の様々な変化 5:00
体重と同じように、乳房の見た目や大きさ、感触の急な変化を軽く見ないでください。乳がんの初期の兆候には、気づかないことが多いのです。そして乳房やリンパ節に痛みが出る頃にはもう遅い場合もあります。毎月、自己検診することの大切さを過小評価しないでください。こうすることで、乳がんを早い段階で見つけることができます。アメリカがん協会によると、腫れ、肌の炎症、乳房や乳首の痛み、乳房の肌が厚くなること、そしてしこりはすべて乳がんの症状だと言います。

重い生理 7:07
生理があまりにも重すぎるのは見過ごすべきではない問題です。生理が重くなる原因は割合簡単で、遺伝性であったり、季節の変化、ジムで頑張って運動しすぎたなんてことの場合もあります。ですが、子宮筋腫、子宮内膜症、甲状腺機能障害、子宮がんといった深刻な病気の場合もあります。ただの遺伝だと確信を持っていても、重い生理で貧血になることも多いのでやはり病院に行きましょう。

音楽: End of Time – Ugonna Onyekwe
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

頻尿になる 0:38
理由もなく体重が落ちる 1:39
体毛が増える 2:32
閉経したのに出血する 3.42
乳房の様々な変化 5:00
いつもと違うおりもの 6.17
重い生理 7.07

概要:

‐ 排尿の回数が増えるのは、腎臓や尿路だけの問題ではない別の病気の兆候であることがあります。それはホルモンバランスの乱れや、膣のpHレベルに何か問題があると考えられる場合もあるのです。
 
‐ ダイエットもしていないのになぜか体重が落ちるのは、クローン病や2型糖尿病、もしくは癌の可能性さえあります。

‐ 不妊や代謝障害、乳がんや子宮がんに罹る可能性の増大という大変な問題につながることもあるのです。

‐ 閉経後の出血は、子宮がん、子宮頸炎、子宮筋腫など危険な病気のせいであることがあります。

‐ 毎月、自己検診することの大切さを過小評価しないでください。こうすることで、乳がんを早い段階で見つけることができます。

‐ おりものの変化は、体に起こった炎症や感染症の一種が原因で出るものだからです。

‐ 生理が重くなるのは子宮筋腫、子宮内膜症、甲状腺機能障害、子宮がんといった深刻な病気の場合もあります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です